HOME > 消化器・肝臓内科 > 消化器・肝臓内科 第2巻第1号(2017年7月発行)

消化器・肝臓内科

第2巻第1号(2017年7月発行)

消化器・肝臓内科
第2巻第1号(2017年7月発行)

特集 I.ピロリ除菌時代の胃癌の診断・治療
特集 II.内科医が知っておくべき肝癌治療最前線
[冊子版ISSN:2432-3446 電子版ISSN:2432-3454]

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  



<電子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)

特集 I.ピロリ除菌時代の胃癌の診断・治療

ピロリ除菌時代の胃癌の診断・治療 オーバービュー

国立病院機構函館病院・消化器科 加藤元嗣,ほか…1

ピロリ除菌後の胃癌発症に関する疫学-Helicobacter pylori感染胃炎の自然史と除菌後の胃癌発生

和歌山県立医科大学・第二内科 吉田岳市,ほか…7

ピロリ除菌後胃癌に関するリスク因子

東京大学・消化器内科 平田喜裕…11

ピロリ除菌後に発見された早期胃癌の特徴

大分大学・福祉健康科学部 兒玉雅明,ほか…19

胃底腺型胃癌の病理学的特徴

順天堂大学・人体病理病態学 津山 翔,ほか…28

ピロリ除菌後胃癌に対する内視鏡治療

慶應義塾大学腫瘍センター・低侵襲療法研究開発部門 飽本哲兵,ほか…36

ピロリ未感染早期胃癌の臨床病理学的特徴

新潟大学地域医療教育センター魚沼基幹病院・消化器内科 小林正明,ほか…43

EBウイルス関連胃癌

東京大学・人体病理学・病理診断学 牛久 綾,ほか…49

特集 II.内科医が知っておくべき肝癌治療最前線

肝癌治療の進歩 オーバービュー

大垣市民病院・消化器内科 熊田 卓,ほか…55

ラジオ波焼灼術の適応とpitfall

武蔵野赤十字病院・消化器科 安井 豊,ほか…62

肝癌治療におけるIVRの進歩

福井県済生会病院・放射線科 宮山士朗…66

ソラフェニブ治療-導入時期とセカンドラインを考慮すべきタイミング

名古屋大学・消化器内科 葛谷貞二,ほか…76

肝癌治療における肝動注化学療法の位置づけ

金沢大学・消化器内科 山下竜也,ほか…83

日本における新薬開発と今後の展望

近畿大学・消化器内科 上嶋一臣,ほか…92

外科治療のタイミング-内科医の立場から

東京大学・消化器内科 建石良介…99

外科治療のタイミング-外科医の立場から

広島大学・消化器・移植外科学 小林 剛,ほか…104

肝細胞癌治療における肝移植の適応と限界

京都大学・肝胆膵移植外科 海道利実…113

肝癌ゲノム解析の進歩-精密医療への展開を目指して

東京医科歯科大学・消化器内科 北畑富貴子,ほか…120