HOME > 消化器・肝臓内科 > 消化器・肝臓内科 第2巻第4号(2017年10月発行)

消化器・肝臓内科

第2巻第4号(2017年10月発行)

消化器・肝臓内科
第2巻第4号(2017年10月発行)

特集 I.酸関連疾患診療の進歩
特集 II.肝線維化診断の進歩
[冊子版ISSN:2432-3446 電子版ISSN:2432-3454]

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  



<電子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)

特集 I.酸関連疾患診療の進歩

GERDの病態と診断

日本医科大学・消化器内科 川見典之,ほか…353

GERDの薬物治療

大阪市立大学・消化器内科 藤原靖弘…362

薬剤抵抗性GERDに対する外科治療と最新の内視鏡治療

昭和大学江東豊洲病院・消化器センター 井上晴洋,ほか…369

消化性潰瘍の疫学から診断・最新の除菌治療まで

川崎医科大学総合医療センター・健康管理学 鎌田智有,ほか…376

薬物性消化管傷害の現況

筑波大学・光学医療診療部 溝上裕士…385

出血性潰瘍の診断・治療

帝京大学・内科 阿部浩一郎,ほか…391

機能性ディスペプシアの進歩(Rome IVについて)

国立病院機構東京医療センター・消化器科 森 英毅,ほか…397

FDの診断

大森赤十字病院・消化器内科 河合恵美,ほか…404

機能性ディスペプシアの治療

日本医科大学・消化器内科 樋口和寿,ほか…414

特集 II.肝線維化診断の進歩

肝線維化診断と臨床的意義-オーバービュー

大阪市立大学・肝胆膵病態内科 菊川佳菜子,ほか…422

ファイブロスキャンの臨床的意義と実地での活用法

山梨大学・肝疾患センター 坂本 穣,ほか…430

各種超音波エラストグラフィの特性と臨床的意義

兵庫医科大学・超音波センター 西村貴士,ほか…434

MRエラストグラフィーの臨床意義と今後の展望

横浜市立大学・肝胆膵消化器病学 今城健人,ほか…442

MRラパロスコピーの実際と今後の展望

虎の門病院・肝臓センター 川村祐介…450

線維化予測式の臨床的意義と実地での活用法

日野病院・内科 孝田雅彦…456

M2BPGiの臨床的意義と実地での活用法

東京医科歯科大学・消化器内科 永田紘子,ほか…464