HOME > 消化器・肝臓内科 > 消化器・肝臓内科 第5巻第3号(2019年3月発行)

消化器・肝臓内科

第5巻第3号(2019年3月発行)

消化器・肝臓内科
第5巻第3号(2019年3月発行)

特集 I.膵管intervention
特集 II.薬物性肝障害:新薬登場で変わる実態
[冊子版ISSN:2432-3446 電子版ISSN:2432-3454]

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,300
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  



<電子版>
定価 ¥3,300
(本体 ¥3,000+税)

特集 I.膵管intervention

慢性膵炎に伴う膵石症に対する内視鏡的治療

東邦大学医療センター大森病院・消化器内科 原 精一,ほか…247

慢性膵炎の膵管狭窄に対する内視鏡的治療

和歌山県立医科大学・第二内科 田村 崇,ほか…256

膵管カニュレーションの基本と困難例への対応

名古屋大学・消化器内科 川嶋啓揮,ほか…265

膵管口切開とprecut technique

昭和大学藤が丘病院・消化器内科 長浜正亞,ほか…271

膵炎予防のための自然脱落型膵管ステント

大阪市立大学・消化器内科 丸山紘嗣,ほか…278

術後再建腸管における膵管intervention-小腸内視鏡による治療-

埼玉医科大学国際医療センター・消化器内科 谷坂優樹,ほか…285

術後腸管における膵管intervention-超音波内視鏡ガイド下治療-

順天堂大学・消化器内科 石井重登,ほか…291

高度膵管狭窄突破困難例への内視鏡的アプローチ法-基本処置具から通電ダイレーターまでを使いこなす

宮崎大学・消化器内科 河上 洋,ほか…297

特集 II.薬物性肝障害:新薬登場で変わる実態

わが国における薬物性肝障害の診断基準

帝京大学・医療技術学部 滝川 一…303

薬物性肝障害(drug-induced liver injury;DILI)の病態と成立機序

慶應義塾大学・薬物治療学 齋藤英胤…308

薬物性肝障害の実態:市中病院での経験

広島赤十字・原爆病院・消化器内科 辻 恵二,ほか…315

薬物性肝障害の実態:急性肝不全の全国調査

埼玉医科大学・消化器内科・肝臓内科 中山伸朗…321

分子標的薬による薬物性肝障害

千葉大学・消化器内科 鈴木英一郎,ほか…330

注目される薬物:免疫チェックポイント阻害薬

国立がん研究センター中央病院・先端医療科 北野滋久…337

特殊な病態:HBVの再活性化

名古屋市立大学・腫瘍・免疫内科 楠本 茂,ほか…348

造血幹細胞移植とSOS/VOD

神戸大学・腫瘍・血液内科 藥師神公和…356

薬剤性過敏症症候群とHHV-6

国立病院機構四国がんセンター・皮膚科 藤山幹子…365