HOME > 消化器・肝臓内科 > 消化器・肝臓内科 第6巻第3号(2019年9月発行)

消化器・肝臓内科

第6巻第3号(2019年9月発行)

消化器・肝臓内科
第6巻第3号(2019年9月発行)

特集 I.胆膵癌に対する抗腫瘍療法の現状と展望
特集 II.B型肝炎-その実態と研究の最前線
[冊子版ISSN:2432-3446 電子版ISSN:2432-3454]

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,300
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  



<電子版>
定価 ¥3,300
(本体 ¥3,000+税)

特集 I.胆膵癌に対する抗腫瘍療法の現状と展望

非切除膵癌に対する全身化学療法

神奈川県立がんセンター・消化器内科・肝胆膵 小林 智,ほか…185

膵癌に対する術前・術後化学療法

東北大学・消化器外科 海野倫明…192

膵癌に対する腹腔内化学療法

東京大学・消化器内科 高原楠昊,ほか…197

胆道癌に対する集学的治療-術前・術後化学療法-

横浜市立大学・消化器・腫瘍外科 清水康博,ほか…204

切除不能/再発胆道癌に対する全身化学療法

国立がん研究センター中央病院・肝胆膵内科 丸木雄太,ほか…211

胆道癌・膵癌に対する免疫療法の現状と展望

杏林大学・腫瘍内科 古瀬純司…218

胆膵癌に対するプレシジョン・メディシンの展望

がん研究会有明病院・消化器センター・肝胆膵内科 佐々木隆,ほか…224

特集 II.B型肝炎-その実態と研究の最前線

わが国における肝炎ウイルス感染,特にHBV感染の疫学的動向

広島大学・疫学・疾病制御学 田中純子…230

B型急性肝不全,遅発性肝不全の実態(再活性化も含む)

埼玉医科大学・消化器内科・肝臓内科 中山伸朗…237

核酸アナログ製剤による治療の現状

虎の門病院・肝臓センター 鈴木文孝…248

ペグインターフェロンを用いた治療の現状

信州大学・肝疾患診療相談センター 松本晶博…255

新薬開発の動向

国立感染症研究所・ウイルス第二部 九十田千子,ほか…261

iPS細胞を用いた研究の最前線

東京医科歯科大学・消化器内科 朝比奈靖浩…267

ヒト肝細胞キメラマウスを用いたB型肝炎研究の最前線

広島大学・消化器・代謝内科学 柘植雅貴,ほか…271