HOME > 感染症内科 > 感染症内科 第2巻第4号(2014年4月発行)

感染症内科

第2巻第4号(2014年4月発行)

感染症内科
第2巻第4号(2014年4月発行)

特集 腸管感染症の疫学

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  

特集 腸管感染症の疫学

H. pyloriの発がんメカニズム:感染診断と除菌

和歌山県立医科大学・第二内科 前北隆雄,ほか…363

ビブリオ感染症:現状と治療

大阪府立母子保健総合医療センター研究所 柳原 格,ほか…371

腸管出血性大腸菌感染症の重症化メカニズム:病原性と志賀毒素

千葉大学・病原細菌制御学 清水 健…377

カンピロバクター感染症の発症とメカニズム:診断と治療

国立感染症研究所・細菌第一部 大西 真…385

サルモネラ感染症の発症機構

千葉大学・微生物薬品化学研究室 高屋明子,ほか…395

Clostridium perfringens(ウエルシュ菌)と食中毒:診断・治療

東京顕微鏡院 伊藤 武,ほか…404

Clostridium difficile:病原性と疫学

杏林大学・感染症学 神谷 茂…410

赤痢アメーバ症:疫学と治療-さらに劇症型赤痢アメーバ症の存在に注目して-

バイオメディカルサイエンス研究会 増田剛太…418

話題

H. pylori感染症に対するプロバイオティクス

東海大学・感染症研究室 古賀泰裕…424

Hepatitis A Virus

東京大学・感染症内科 四柳 宏…431

クリプトスポリジウム症の発生・流行状況の最新情報

国立感染症研究所・寄生動物部 泉山信司,ほか…434

解説

《病原微生物》 ノロウイルスの構造タンパク質全領域に基づく系統について

長崎大学・感染免疫学 中込 治…441

《検査法》 LAMP(loop-mediated isothermal amplification)法の原理と腸管感染症診断

東京大学・感染制御部 三澤慶樹,ほか…448