HOME > 循環器内科 > 循環器内科 第84巻第4号(2018年10月発行)

循環器内科

第84巻第4号(2018年10月発行)

循環器内科
第84巻第4号(2018年10月発行)

特集 循環器疾患にかかわるホルモン研究の最前線-臨床へのメッセージを込めて
[冊子版ISSN:1884-2909 電子版ISSN:2188-9449]

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  



<電子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)

特集 循環器疾患にかかわるホルモン研究の最前線-臨床へのメッセージを込めて

序文

東京慈恵会医科大学循環器内科 吉村道博…333

ナトリウム利尿ペプチドの話題(1)‘なぜか高めのBNP値’

信州大学循環器内科 桑原宏一郎…336

ナトリウム利尿ペプチドの話題(2)‘なぜか低めのBNP値’

東京慈恵会医科大学循環器内科 南井孝介ほか…340

アルドステロン・ミネラルコルチコイド受容体に関する話題

大分大学内分泌代謝・膠原病・腎臓内科学講座 柴田洋孝…346

コルチゾール(クッシング症候群やサブクリニカルクッシング症候群なども含めて)と循環器疾患

東京女子医科大学高血圧・内分泌内科 森本 聡ほか…353

交感神経系・中枢性循環器調整システム

九州大学循環器病未来医療研究センター 岸 拓弥…359

新規アンジオテンシンペプチドとは:ビッグアンジオテンシン-25と組織レニン・アンジオテンシン系

宮崎大学循環体液制御学分野 永田さやかほか…366

アディポサイトカイン研究の最前線:循環器系に対する作用を含めて

大阪大学内分泌・代謝内科学 小幡佳也ほか…373

グレリンの可能性:特に循環器系に対して

国立循環器病研究センター研究所生化学部 徳留 健ほか…381

インスリン・糖代謝と虚血性心疾患

東京慈恵会医科大学循環器内科 名越智古…390

心血管系に作用する骨格筋由来分泌因子

大阪市立大学循環器内科学 泉家康宏…398

話題

お酒で赤くなる人-冠攣縮と急性心筋梗塞に注意-

熊本機能病院循環器内科 水野雄二ほか…404

冠動脈CTからみた性差

国立循環器病研究センター予防医学・疫学情報部 中尾葉子ほか…412

高中性脂肪管理の意義:選択的PPARαモデュレーターを含めて

国立循環器病研究センター心臓血管内科 菅根裕紀ほか…419

オステオポンチンと循環器疾患・老化

慶應義塾大学循環器内科 白川公亮ほか…426

心臓におけるD-アミノ酸代謝に関して

京都府立医科大学循環器内科学 立石周平ほか…433

解説

心不全のガイドラインからみた各種マーカーの有用性:そのポイントとは

東京慈恵会医科大学循環器内科 川井 真ほか…441

高尿酸血症は心血管病のリスクか?

広島大学原爆放射線医科学研究所 東 幸仁…449

禁煙推進,電子・加熱式タバコの話題も含めて

筑波大学循環器不整脈講座 野上昭彦…456

トランスサイレチン型家族性アミロイドポリニューロパチー(TTR-FAP):診断と新規治療法

名古屋大学神経内科 小池春樹…462