HOME > 循環器内科 > 循環器内科 第84巻第6号(2018年12月発行)

循環器内科

第84巻第6号(2018年12月発行)

循環器内科
第84巻第6号(2018年12月発行)

特集 遺伝性不整脈診療・研究のアップデート
[冊子版ISSN:1884-2909 電子版ISSN:2188-9449]

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,300
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  



<電子版>
定価 ¥3,300
(本体 ¥3,000+税)

特集 遺伝性不整脈診療・研究のアップデート

序文

日本医科大学循環器内科学分野 清水 渉…591

遺伝子検査の歴史と現状

滋賀医科大学循環器内科 堀江 稔…593

最新の不整脈遺伝子診断法と将来の展望

理化学研究所生命医科学研究センター 伊藤 薫…598

先天性QT延長症候群における遺伝子診断の役割とは

国立循環器病研究センター心臓血管内科・不整脈科 島本恵子ほか…606

先天性・二次性QT延長症候群(LQTS)の薬物・非薬物治療

金沢大学循環器病態内科学 林 研至…613

二次性QT延長症候群の病態と遺伝的背景

滋賀医科大学循環器内科 伊藤英樹…621

ブルガダ症候群における遺伝子診断の意義

国立循環器病研究センター不整脈科 山形研一郎…629

無症候性(失神例も含む)ブルガダ症候群へのアプローチ

大分大学循環器内科・臨床検査診断学講座 篠原徹二ほか…634

Brugada症候群におけるカテーテルアブレーションの意義

筑波大学循環器不整脈学講座 野上昭彦…642

早期再分極症候群の病態とBrugada症候群との関連

岡山大学病院循環器内科 浅田早央莉ほか…652

小児突然死例におけるカテコラミン誘発多形性心室頻拍

埼玉医科大学国際医療センター小児心臓科 住友直方…660

不整脈原性右室心筋症の重症度評価における遺伝子診断の意義

国立循環器病研究センター分子生物学部 大野聖子…668

家族性心房細動

東京医科歯科大学難治疾患研究所生体情報薬理学 古川哲史…674

話題

遺伝性不整脈診療ガイドラインに学ぶ

筑波大学循環器内科 村越伸行ほか…681

iPS細胞を用いた遺伝性不整脈研究の新たな展開

京都大学循環器内科学 牧山 武ほか…691

心臓突然死の病態解明における最新の遺伝学研究-ゲノムワイド関連解析と次世代シークエンス解析-

長崎大学医歯薬学総合研究科分子生理学 蒔田直昌…699

遺伝性不整脈に対する最新のデバイス治療

国立病院機構静岡医療センター循環器内科 小鹿野道雄…705

解説

QT短縮症候群の病態と治療

新潟大学循環器内科 八木原伸江ほか…713

進行性心臓伝導障害の病態と遺伝的背景

長崎大学医歯薬学総合研究科分子生理学 石川泰輔ほか…721

潜在性遺伝性不整脈の負荷試験(Brugada症候群,先天性LQTS,CPVT)

国立循環器病研究センター不整脈科 上田暢彦ほか…729

小児QT延長症候群の診断と管理

国立病院機構鹿児島医療センター小児科 吉永正夫…738