HOME > 循環器内科 > 循環器内科 第85巻第3号(2019年3月発行)

循環器内科

第85巻第3号(2019年3月発行)

循環器内科
第85巻第3号(2019年3月発行)

特集 心不全と糖尿病:基礎と臨床-膨らむ知見と大きな期待-
[冊子版ISSN:1884-2909 電子版ISSN:2188-9449]

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,300
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  



<電子版>
定価 ¥3,300
(本体 ¥3,000+税)

特集 心不全と糖尿病:基礎と臨床-膨らむ知見と大きな期待-

序文

東京慈恵会医科大学循環器内科 吉村道博…289

心不全と糖尿病の疫学-その重なりは?

国立循環器病研究センター動脈硬化・糖尿病内科 肥塚 諒ほか…292

心不全と糖尿病,その総論的な考え方

東京慈恵会医科大学循環器内科 名越智古…300

心不全におけるインスリンシグナルの位置づけ

新潟大学循環器内科学 清水逸平ほか…306

心筋エネルギー代謝と圧負荷ストレス応答

群馬大学循環器内科学 磯 達也…312

心不全と糖尿病,食事療法の重要性

京都大学病院循環器内科 小笹寧子…320

糖尿病と心不全,心臓リハビリテーションの重要性

東京慈恵会医科大学附属第三病院循環器内科 香山洋介ほか…325

糖尿病薬の種類と心血管疾患予防を目指した治療戦略

国立病院機構京都医療センター内分泌代謝高血圧研究部 浅原哲子…332

SGLT2阻害薬の心血管保護作用-エビデンスをもとに

佐賀大学循環器内科 田中敦史ほか…341

SGLT2阻害薬の腎保護作用-エビデンスをもとに

金沢医科大学糖尿病内分泌内科学 川北恵美ほか…348

GLP-1受容体作動薬と循環器疾患-その大きな期待

順天堂大学代謝内分泌学内科学 西田友哉ほか…355

DPP4阻害剤による心血管保護作用の可能性は?

名古屋大学循環器内科学 坂東泰子ほか…361

インスリン分泌刺激薬の使い方-循環器内科に知ってもらいたいこと

NTT東日本札幌病院 吉岡成人…369

インスリン抵抗性改善薬の使い方

国立循環器病研究センター動脈硬化・糖尿病内科 河面恭子ほか…375

低血糖に関する注意喚起

兵庫医科大学 難波光義…382

糖・脂質代謝異常からみた心不全

福島県立医科大学糖尿病内分泌代謝内科学講座 島袋充生…388

話題

心臓のSGLT1に関する話題

東京慈恵会医科大学附属柏病院循環器内科 柏木雄介…395

グルカゴン研究の重要性と将来展望

群馬大学生体調節研究所代謝シグナル解析分野 北村忠弘…402

高トリグリセリド(TG)血症治療の意義と将来展望

金沢医科大学総合内科学 小林淳二…409

心不全の栄養指標に関する最近の話題

順天堂大学循環器内科学講座 谷津翔一朗ほか…420

解説

PCSK9阻害薬をどう使うか

北里大学循環器内科学 根本照世志ほか…427

心血管疾患の残余リスクとEPA製剤の有用性

山形大学内科学第一講座 渡邉 哲ほか…434

MTP阻害薬(ロミタピドメシル酸塩)について

りんくう総合医療センター 山下静也…440

簡易サルコペニアスクリーニングを応用した心血管イベントの予測法

天草地域医療センター循環器科 花谷信介ほか…448

総説

無症候性(失神例も含む)ブルガダ症候群へのアプローチ

広島大学循環器内科学 中野由紀子…454