HOME > 呼吸器内科 > 呼吸器内科 第33巻第5号(2018年5月発行)

呼吸器内科

第33巻第5号(2018年5月発行)

呼吸器内科
第33巻第5号(2018年5月発行)

特集 IPF治療ガイドラインの実践活用法
[冊子版ISSN:1884-2887 電子版ISSN:2188-949X]

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  



<電子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)

特集 IPF治療ガイドラインの実践活用法

「特発性肺線維症の治療ガイドライン2017」の基本理念と活用法

京都大学・健康情報学 内田智絵,ほか…441

慢性安定期の治療 1)CQ1 IPF患者にステロイド単独療法を行うべきか?

高知大学・血液・呼吸器内科 横山彰仁…447

慢性安定期の治療 2)CQ2 IPF患者にステロイドと免疫抑制薬の併用を行うべきか?

浜松医科大学・内科学第二 安井秀樹,ほか…451

慢性安定期の治療 3)CQ3 IPF患者にNAC吸入単独療法を行うべきか?

東邦大学・呼吸器内科 坂本 晋…459

慢性安定期の治療 4)CQ4 IPF患者にピルフェニドンを投与すべきか?

自治医科大学・呼吸器内科 坂東政司…467

慢性安定期の治療 5)CQ5 IPF患者にニンテダニブを投与すべきか?

近畿中央胸部疾患センター・臨床研究センター 井上義一…473

慢性安定期の治療 6)CQ6 IPF患者にピルフェニドンとNAC吸入の併用を行うべきか?

東邦大学・呼吸器内科 本間 栄,ほか…478

慢性安定期の治療 7)CQ7 IPF患者にピルフェニドンとニンテダニブの併用を行うべきか?

神奈川県立循環器呼吸器病センター・呼吸器内科 池田 慧,ほか…486

話題

CQ15 IPFを含むIP合併肺癌患者に対する外科治療は推奨されるか?

京都大学・呼吸器外科 伊達洋至…490

CQ16 IPFを含むIP合併肺癌患者に対する術後急性増悪の予防投薬は推奨されるか?

千葉大学・呼吸器病態外科 坂入祐一,ほか…494

CQ17 IPFを含むIP合併肺癌患者に対する化学療法は推奨されるか?

順天堂大学・呼吸器内科 高  遼,ほか…499

解説

CQ10 IPF急性増悪にパルス療法を含めたステロイド療法を行うべきか?

国立国際医療研究センター病院・呼吸器内科 坂本慶太,ほか…505

CQ11 IPF急性増悪に免疫抑制薬を投与すべきか?

平塚共済病院・呼吸器科 稲瀬直彦…509

CQ12 IPF急性増悪に好中球エラスターゼ阻害薬を投与すべきか?

獨協医科大学・呼吸器・アレルギー内科 石井芳樹…513

原著

COPD患者における呼気中一酸化窒素濃度とMostGraphを用いた喘息とCOPDのオーバーラップ診断の検討

マツダ株式会社マツダ病院・呼吸器内科 大成洋二郎,ほか…519

Brief Clinical Notes

肺陰影の出現と消退を繰り返したカテーテルアブレーション後の肺静脈狭窄症の1例

聖マリア病院・呼吸器内科 迫田頼武,ほか…524