HOME > 血液内科 > 血液内科 第74巻第1号(2017年1月発行)

血液内科

第74巻第1号(2017年1月発行)

血液内科
第74巻第1号(2017年1月発行)

特集 血液腫瘍に対する免疫療法の新たな展開

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  



<電子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)

特集 血液腫瘍に対する免疫療法の新たな展開

造血幹細胞移植後再発予防としてのWT1ペプチドワクチン

大阪大学・癌幹細胞制御学 保仙直毅,ほか…1

CD19を標的とするBiTE抗体blinatumomabの作用機作と臨床開発

東京慈恵会医科大学・腫瘍・血液内科 矢萩裕一…6

ATLに対するHTLV-1 Tax標的樹状細胞ワクチン療法の現状

国立病院機構九州がんセンター・血液内科 末廣陽子,ほか…13

多発性骨髄腫に対する免疫調節薬(IMiD)と抗PD-1抗体併用療法の臨床開発

名古屋市立大学・血液・腫瘍内科学 木下史緒理,ほか…19

TCR/CAR遺伝子導入T細胞を用いた血液腫瘍に対する養子免疫療法

愛媛大学・血液・免疫・感染症内科学 藤原 弘…24

小児B細胞性ALLに対する抗CD19キメラ抗原受容体発現T細胞(CAR-T)療法の臨床研究の現状

国立がん研究センター研究所・臨床ゲノム解析部門 山崎文登,ほか…31

成人B細胞リンパ腫に対する抗CD19キメラ抗原受容体発現T細胞(CAR-T)療法の臨床研究の現状

国立がん研究センター中央病院・血液腫瘍科 蒔田真一,ほか…37

CD20を標的とするCAR-T療法によるB細胞腫瘍治療の可能性

名古屋大学・血液・腫瘍内科学 寺倉精太郎…46

ATLに対するmogamulizumab併用遺伝子修飾T細胞療法の可能性

愛媛大学・血液・免疫・感染症内科学 藤原 弘,ほか…51

ATL患者における抗CCR4抗体mogamulizumab投与に伴う皮膚有害反応と予後への影響

今村病院分院・皮膚科 米倉健太郎…58

ATLに対する同種造血幹細胞移植前mogamulizumab投与のGVHDと移植関連死への影響

熊本大学・血液・膠原病・感染症内科 井上明威,ほか…63

B細胞腫瘍におけるリツキシマブ耐性化機序と次世代抗CD20抗体の効果

藤田保健衛生大学・血液内科学 冨田章裕…70

話題

びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫におけるMYC, BCL2, BCL6の遺伝子転座とタンパク発現の予後に及ぼす影響

久留米大学・病理学 三好寛明,ほか_…78

10種類のpeptidesからなる新規がんワクチンの第I相試験

国立がん研究センター中央病院・消化管内科 岩佐 悟,ほか…83

B7-H3を標的とする糖鎖修飾抗体によるがん治療の可能性

第一三共株式会社・バイオ・癌免疫ラボラトリー 廣谷賢志…88

Gemcitabine併用によるCD20発現増強を介したDLBCLに対するrituximabの増強効果

東京慈恵会医科大学・悪性腫瘍治療研究部 林 和美,ほか…94

ATL異種移植モデルにおけるAKT signaling pathwayの役割

宮城県立がんセンター研究所・発がん制御研究部 山口壹範,ほか…99

解説

急性リンパ性白血病の遺伝子異常

大阪大学・血液・腫瘍内科学 横田貴史,ほか…103

遺伝子異常に基づく肺腺がんのprecision medicine

国立がん研究センター研究所・ゲノム生物学研究分野 齋藤元伸,ほか…109

結節性リンパ球優位型ホジキンリンパ腫:臨床病理学的特徴と本邦報告例での知見

長野県立須坂病院・遺伝子検査科 浅野直子…116

乳腺原発DLBCLの分子生物学的特徴

Department of Pathology, British Columbia Cancer Research Centre 高田尚良,ほか…121

MALTリンパ腫から組織学的に進展したDLBCLの臨床病理学的特徴

国立がん研究センター中央病院・病理科 前島亜希子…126