HOME > 血液内科 > 血液内科 第74巻第3号(2017年3月発行)

血液内科

第74巻第3号(2017年3月発行)

血液内科
第74巻第3号(2017年3月発行)

特集 成人T細胞白血病リンパ腫(ATL)研究と診療の進歩
[冊子版ISSN:2185-582X 電子版ISSN:2188-9465]

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  



<電子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)

特集 成人T細胞白血病リンパ腫(ATL)研究と診療の進歩

HTLV-1感染症の疫学とコホート研究

今村病院分院・血液内科 宇都宮 與,ほか…299

HTLV-1によるATL発症機構研究の進展

聖マリアンナ医科大学・先端医療開発学 渡邉俊樹…306

ATL発症における遺伝子翻訳異常

東京大学・病態医療科学 山岸 誠,ほか…314

ATL発がん機構におけるTax,HBZの意義

熊本大学・血液・膠原病・感染症内科 樋口悠介,ほか…320

ATL細胞におけるシグナル伝達機構と治療標的

宮崎大学・腫瘍生化学 中畑新吾,ほか…327

ATLにおける遺伝子異常とそれに基づく患者層別化・予後分類の可能性

京都大学・腫瘍生物学 片岡圭亮…334

ATL発症におけるTET2の役割

宮崎大学・消化器血液学 亀田拓郎…339

ATLに対する化学療法とモガムリズマブの効果

鹿児島大学・血液・膠原病内科 吉満 誠…346

ATLに対する同種造血幹細胞移植の現状と展望

国立がん研究センター中央病院・造血幹細胞移植科 藤 重夫…352

HTLV-1感染予防法の開発

国立感染症研究所・血液・安全性研究部 水上拓郎,ほか…356

ATLに対する免疫療法の可能性

鹿児島大学・血液・膠原病内科 石塚賢治…363

ATLに対する新規治療薬開発の現状と展望-DNA修復障害を標的とした治療開発-

京都大学・血液・腫瘍内科学 高折晃史…368

HTLV-1関連脊髄症(HAM)の分子病態と治療

聖マリアンナ医科大学難病治療研究センター・病因・病態解析部門 新谷奈津美,ほか…373

話題

非血縁者間末梢血幹細胞移植の動向と治療成績

名古屋大学・血液内科 後藤辰徳,ほか…380

ゲノム編集の臨床応用

埼玉医科大学ゲノム医学研究センター・遺伝子治療部門 三谷幸之介…386

多発性骨髄腫に対するキメラ抗原受容体T 細胞療法の可能性

自治医科大学・免疫遺伝子細胞治療学 内堀亮介…392

ゲノム解析の進歩と分子標的薬

九州大学・先端医療イノベーションセンター 水野晋一…398

小児白血病のゲノム/エピゲノム異常解析の現状と展望

東京大学・小児科 滝田順子…404

解説

再発・難治多発性骨髄腫に対するダラツムマブの効果

埼玉医科大学総合医療センター・血液内科 渡部玲子,ほか…410

AMLにおけるゲノム分類と予後

東京大学医科学研究所・先端医療研究センター細胞療法分野 合山 進…416

5q-を伴うMDSに対するレナリドミドの作用機序

川崎医科大学・検査診断学 通山 薫…423

樹状細胞分化におけるGATA2の意義

東北大学・血液免疫病学 小野寺晃一,ほか…429

シングルセル解析技術の進歩

九州大学・幹細胞再生修復医学 新井文用…436

iPS細胞技術を用いたがん免疫療法の可能性

京都大学ウイルス・再生医科学研究所・再生免疫学 前田卓也,ほか…442