HOME > 血液内科 > 血液内科 第74巻第5号(2017年5月発行)

血液内科

第74巻第5号(2017年5月発行)

血液内科
第74巻第5号(2017年5月発行)

特集 骨髄異形成症候群と急性骨髄性白血病における最近の展開
[冊子版ISSN:2185-582X 電子版ISSN:2188-9465]

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  



<電子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)

特集 骨髄異形成症候群と急性骨髄性白血病における最近の展開

ゲノム・エピゲノム異常からみた骨髄異形成症候群と急性白血病の病態

横浜市立大学・幹細胞免疫制御内科学 中島秀明…629

骨髄異形成症候群の予後予測因子とその利用

北里大学・血液内科学 鈴木隆浩…637

非5q欠失骨髄異形成症候群に対するレナリドミドの臨床効果

文京学院大学・臨床検査学科 原田結花,ほか…644

骨髄異形成症候群に対するrigosertibの臨床効果

NTT東日本関東病院・血液内科 臼杵憲祐…650

CHIP,ICUS,CCUS

埼玉医科大学国際医療センター・造血器腫瘍科 松田 晃…657

SAMD9/SAMD9L変異と7番染色体欠失型骨髄異形成症候群

国立成育医療研究センター研究所・分子内分泌研究部 鳴海覚志,ほか…662

ゲノム解析に基づく急性骨髄性白血病の病態解明と層別化

名古屋大学・血液・腫瘍内科学 原田靖彦,ほか…668

骨髄異形成関連変化を伴う急性骨髄性白血病の臨床像

金沢医科大学・血液免疫内科学 川端 浩…675

Hedgehog経路を標的にした急性骨髄性白血病治療の治療戦略

神戸大学・腫瘍・血液内科学 垣内誠司,ほか…682

話題

Inotuzumab ozogamicinによる新たな急性リンパ性白血病治療

名古屋大学・血液・腫瘍内科学 村田 誠…687

造血器腫瘍の移植後再発に対する免疫チェックポイント阻害剤イピリムマブの臨床効果

京都大学・血液・腫瘍内科 北脇年雄…691

腸内細菌叢と急性GVHD

がん・感染症センター都立駒込病院・血液内科 垣花和彦…697

白血病幹細胞とオートファジー

東京大学・血液・腫瘍内科 住友嘉樹,ほか…703

解説

思春期小児急性リンパ性白血病におけるMEF2D融合遺伝子

名古屋大学・先端医療・臨床研究支援センター 奥野友介…708

間葉系幹細胞を用いた急性GVHDの治療

日本医科大学多摩永山病院・血液内科 尾崎勝俊…714

ATGによる慢性GVHD予防

東京大学・血液・腫瘍内科 遠矢 嵩,ほか…717

類洞閉塞症候群(SOS)の診断と治療

慶應義塾大学・血液内科 甲田祐也,ほか…722

芽球形質細胞様樹状細胞腫瘍の病態と治療

順天堂大学・血液学 佐々木 純…726