HOME > 血液内科 > 血液内科 第75巻第4号(2017年10月発行)

血液内科

第75巻第4号(2017年10月発行)

血液内科
第75巻第4号(2017年10月発行)

特集 多発性骨髄腫診療に対する新たな展開2016-2017
[冊子版ISSN:2185-582X 電子版ISSN:2188-9465]

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。
http://www.kahyo.com/resources/errata/KS201710-754-errata.pdf

冊  



<電子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)

特集 多発性骨髄腫診療に対する新たな展開2016-2017

多発性骨髄腫診断基準の改訂と治療開始のタイミング

横浜市立大学・臨床検査部 山崎悦子…413

ガイドラインに基づいた初発多発性骨髄腫の治療戦略

名古屋市立大学・血液・腫瘍内科学 吉田 嵩,ほか…419

再発・難治多発性骨髄腫の治療戦略2017

京都府立医科大学・血液内科学 黒田純也,ほか…425

多発性骨髄腫の維持療法

日本医科大学・血液内科 田村秀人…431

MGUS/くすぶり型骨髄腫に対する治療

近畿大学医学部奈良病院・血液内科 八木秀男…438

多発性骨髄腫に対する自家移植の意義

日本赤十字社医療センター・血液内科 塚田信弘…444

多発性骨髄腫に対する新規プロテアソーム阻害薬の効果

新潟県立がんセンター新潟病院・内科 張 高明…450

免疫調節薬(IMiDs)の作用機構解明の進展

自治医科大学分子病態治療研究センター・幹細胞制御研究部 菊池次郎,ほか…456

多発性骨髄腫に対する抗体医薬の臨床応用

岩手医科大学・臨床腫瘍学 伊藤薫樹,ほか…465

多発性骨髄腫に対する免疫チェックポイント阻害薬の効果

群馬大学・血液内科 半田 寛…471

多発性骨髄腫に対するキメラ抗原受容体発現T細胞療法の開発

大阪大学・癌幹細胞制御学 保仙直毅…476

多発性骨髄腫に対する新規治療薬開発の現状と展望

東京大学医科学研究所附属病院・血液腫瘍内科 今井陽一…482

話題

AMLにおけるアントラサイクリン系抗がん薬抵抗性のメカニズム

福井大学・血液・腫瘍内科 細野奈穂子,ほか…488

CBF-AMLにおける付加的なゲノム異常

国立病院機構名古屋医療センター・高度診断研究部 真田 昌…495

急性白血病に対する新規治療薬開発の動向

国立がん研究センター東病院・血液腫瘍科 南 陽介,ほか…500

解説

CML幹細胞制御における転写因子C/EBPの役割

京都大学・輸血細胞治療部 横田明日美,ほか…505

miRNAと造血

東海大学医学部総合医学研究所・造血腫瘍分野 川島雅晴,ほか…512

移植後CYによるハプロ移植

大阪国際がんセンター・血液内科 藤 重夫…518

原発性免疫不全症に対する造血幹細胞移植

九州大学・周産期・小児医療学 高田英俊…522

MPNの造血細胞移植の現状

埼玉医科大学総合医療センター・輸血部 田坂大象…529

小児リンパ腫治療の現状

聖マリアンナ医科大学・小児科 森 鉄也…537

記録

Aggressive成人T細胞白血病リンパ腫(ATL)患者に対する同種造血幹細胞移植前・後のモガムリズマブの使用に関する合意形成会議-適切な使用にむけて-

今村総合病院 宇都宮 與,ほか…544