HOME > 血液内科 > 血液内科 第76巻第2号(2018年2月発行)

血液内科

第76巻第2号(2018年2月発行)

血液内科
第76巻第2号(2018年2月発行)

特集 急性骨髄性白血病(AML)診療の現状と進展
[冊子版ISSN:2185-582X 電子版ISSN:2188-9465]

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  



<電子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)

特集 急性骨髄性白血病(AML)診療の現状と進展

改訂第4版WHO分類によるAMLの分類

埼玉医科大学総合医療センター・血液内科 木崎昌弘…141

AMLに対するゲノム解析研究の進展と臨床へのフィードバック

名古屋大学・血液・腫瘍内科学 川島直実,ほか…147

AMLにおける白血病幹細胞研究の進歩と治療への応用

九州大学・応用病態修復学 菊繁吉謙…153

初発AMLに対する層別化標準治療

福井大学・血液・腫瘍内科 細野奈穂子,ほか…159

治癒を目指したAPLの治療

藤田保健衛生大学・血液内科 柳田正光…167

高齢者AMLに対する治療

横浜市立市民病院・血液内科 仲里朝周…173

再発・難治AMLに対する治療

長野赤十字病院・血液内科 小林 光…179

小児AML診療の診断と治療

横浜市立大学・小児科 柴 徳生…185

AMLに対する同種造血幹細胞移植における適切な前処置

聖路加国際病院・血液内科 山下卓也…194

第1寛解期AMLに対する同種造血幹細胞移植の現状

慶應義塾大学・血液内科 戸澤圭一,ほか…203

AMLに対する自家移植

愛知医科大学・血液内科 高見昭良…207

造血幹細胞移植を施行した悪性リンパ腫患者の治療関連白血病/骨髄異形成症候群

国立病院機構九州医療センター・血液内科 山崎 聡…211

AMLに対する免疫療法の可能性

愛媛大学・血液・免疫・感染症内科学 丸田雅樹,ほか…216

AMLに対する新規治療薬開発の現状

長崎大学・血液内科 田口正剛,ほか…222

話題

CMMLにおけるCbl遺伝子変異の意義

広島大学原爆放射線医科学研究所・疾患モデル解析研究分野 中田雄一郎…228

鉄芽球性貧血の分子病態:Tet2の意義

東北大学・血液免疫病学 藤原 亨,ほか…235

移植後長期フォローアップ専門外来(LTFU)の現状と課題

国立がん研究センター中央病院・造血幹細胞移植科 黒澤彩子…242

Ribonucleotide reductaseを標的とした多発性骨髄腫の治療

埼玉医科大学総合医療センター・血液内科 佐川森彦,ほか…250

解説

CLLに対する新規治療薬を用いた治療戦略

国立病院機構東京医療センター・血液内科 矢野尊啓…255

移植後シクロホスファミドを用いた血縁者間HLA半合致移植

北海道大学・血液内科学 杉田純一…263

血友病治療の新たな展開

奈良県立医科大学・小児科 野上恵嗣…271

慢性骨髄性白血病に対するTKI治療の長期成績と課題

日本大学・血液膠原病内科 入山規良…278