HOME > 血液内科 > 血液内科 第76巻第6号(2018年6月発行)

血液内科

第76巻第6号(2018年6月発行)

血液内科
第76巻第6号(2018年6月発行)

特集 リンパ系腫瘍の治療開発で明らかになったことと今後の課題
[冊子版ISSN:2185-582X 電子版ISSN:2188-9465]

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,300
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  



<電子版>
定価 ¥3,300
(本体 ¥3,000+税)

特集 リンパ系腫瘍の治療開発で明らかになったことと今後の課題

未治療ホジキンリンパ腫における中間PETの意義と今後の課題

名古屋市立大学・血液・腫瘍内科学 楠本 茂…711

ホジキンリンパ腫に対するbrentuximab vedotinおよび免疫チェックポイント阻害薬の位置づけと今後の課題

京都大学・血液・腫瘍内科学 大塚泰幸,ほか…719

濾胞性リンパ腫に対するbendamustineの位置づけと今後の課題

山形大学・血液・細胞治療内科学 石澤賢一…726

未治療マントル細胞リンパ腫に対する標準導入療法と今後の課題

愛知県がんセンター中央病院・血液・細胞療法部 古川勝也,ほか…732

未治療びまん性大細胞型B細胞リンパ腫に対する治療強度を高めた治療戦略の位置づけと今後の課題

京都府立医科大学・血液内科学 古林 勉,ほか…738

未治療びまん性大細胞型B細胞リンパ腫に対する亜型(COO,DH,CD5など)による治療開発と今後の課題

三重大学・血液・腫瘍内科学 宮崎香奈…745

再発・抵抗性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫に対するCAR-T療法の位置づけと今後の課題

国立がん研究センター中央病院・血液腫瘍科 蒔田真一…751

移植適応多発性骨髄腫に対する標準導入療法および自家移植の位置づけと今後の課題(維持療法の意義も含めて)

虎の門病院・血液内科 山本 豪…759

未治療移植非適応多発性骨髄腫患者に対する初回治療

国立病院機構九州医療センター・血液内科 山崎 聡…765

成人T細胞白血病リンパ腫に対する新薬開発の現状と今後の課題

国立病院機構九州がんセンター・血液内科 崔 日承…772

リンパ腫診療におけるB型肝炎再活性化リスクと今後の課題

国立がん研究センター東病院・血液腫瘍科 山内寛彦…777

話題

慢性・くすぶり型成人T細胞白血病・リンパ腫の予後指標

熊本大学・エイズ学研究センター 勝屋弘雄…783

小児ハイリスクT-ALLにおけるSPI1融合遺伝子の同定とその意義

東京大学・小児科 関 正史,ほか…788

Circulating tumor DNAによるDLBCLのbiological subtyping

国立がん研究センター中央病院・血液腫瘍科 福原 傑…794

免疫チェックポイントとT-cell exhaustionのメカニズム

国立がん研究センター中央病院・血液腫瘍科 油田さや子,ほか…801

解説

希少がんに対する新薬開発の取り組みと課題~MASTER KEYプロジェクト~

国立がん研究センター中央病院・臨床研究支援室 大熊ひとみ,ほか…806

AYA世代のリンパ腫の現状と今後の取り組み

札幌北楡病院・小児思春期科 小林良二…813

再発・難治ALLに対する抗CD19 BiTE抗体blinatumomabの機序と位置づけ

国際医療福祉大学三田病院・血液内科 小林幸夫…818

PTCLにおけるHDAC阻害薬の基礎的背景と治療的意義

自治医科大学分子病態治療研究センター・幹細胞制御研究部 古川雄祐…824

Lenalidomideが奏効した肝内の髄外腫瘤を伴う再発多発性骨髄腫

NTT東日本関東病院・血液内科 鴨田吉正,ほか…831