HOME > 血液内科 > 血液内科 第77巻第6号(2018年12月発行)

血液内科

第77巻第6号(2018年12月発行)

血液内科
第77巻第6号(2018年12月発行)

特集 リンパ系腫瘍に対するclinical questions
[冊子版ISSN:2185-582X 電子版ISSN:2188-9465]

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,300
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  



<電子版>
定価 ¥3,300
(本体 ¥3,000+税)

特集 リンパ系腫瘍に対するclinical questions

濾胞性リンパ腫に対する放射線治療の意義

大阪大学・血液・腫瘍内科学 野崎健司,ほか…695

低腫瘍量濾胞性リンパ腫に対する無治療経過観察の妥当性

国立がん研究センター東病院・血液腫瘍科 宮本憲一…702

高腫瘍量進行期濾胞性リンパ腫に対する初回レジメンとしてのR-CHOP療法の位置づけ

九州大学・血液・腫瘍・心血管内科 加藤光次…706

眼付属器MALTリンパ腫に対する初回治療選択肢

国立がん研究センター中央病院・眼腫瘍科 鈴木茂伸…713

Double-hit lymphomaに対する初回治療レジメンの選択肢

近畿大学・血液・膠原病内科 賴 晋也…718

移植適応マントル細胞リンパ腫への導入療法と自家移植の位置づけ

藤田医科大学・血液内科学 岡本昌隆,ほか…724

移植非適応マントル細胞リンパ腫への初回治療レジメン

秋田大学・血液内科 亀岡吉弘…731

限局期古典的ホジキンリンパ腫に対する中間PETの意義

国立病院機構名古屋医療センター・血液・腫瘍研究部 永井宏和…738

治療抵抗性古典的ホジキンリンパ腫に対する抗PD-1抗体の同種移植に対する影響

大阪国際がんセンター・血液内科 藤 重夫…743

移植適応aggressive ATLに対する初回治療レジメン

熊本大学・血液・膠原病・感染症内科 豊田康祐…747

移植適応多発性骨髄腫の初回治療における地固め療法の意義

札幌北楡病院・血液内科 皆内康一郎…754

話題

mTORC1/2二重阻害のATL治療標的としての意義

京都大学・血液・腫瘍内科学 小林正行…760

再発・抵抗性マントル細胞リンパ腫に対するibrutinibとvenetoclaxの併用療法

国立病院機構災害医療センター・血液内科 関口直宏…767

Genetics and pathogenesis of diffuse large B-cell lymphoma

岡山大学・血液・腫瘍内科 遠西大輔…773

高齢者骨髄腫に対するbortezomib,lenalidomide,dexamethasone併用療法

名古屋市立大学・血液・腫瘍内科 鈴木智貴…778

成人急性リンパ性白血病におけるmethotrexate大量療法の意義

名古屋大学・病態解析学 早川文彦…782

解説

臨床研究法とその留意点

国立がん研究センター中央病院・研究企画推進部 片山 宏,ほか…788

再発・治療抵抗性急性リンパ性白血病に対するinotuzumab ozogamicinの臨床効果と留意点

東京慈恵会医科大学附属第三病院・腫瘍・血液内科 土橋史明,ほか…794

造血器腫瘍におけるfilgrastimおよびrituximabのバイオ後続品に関するエビデンス

国立病院機構四国がんセンター・血液腫瘍内科 吉田 功…800

Precision Medicineにおける臨床試験デザイン

横浜市立大学・臨床統計学 山中竹春…806