HOME > 血液内科 > 血液内科 第78巻第2号(2019年2月発行)

血液内科

第78巻第2号(2019年2月発行)

血液内科
第78巻第2号(2019年2月発行)

特集 溶血性貧血up to date
[冊子版ISSN:2185-582X 電子版ISSN:2188-9465]

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,300
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  



<電子版>
定価 ¥3,300
(本体 ¥3,000+税)

特集 溶血性貧血up to date

溶血性貧血の病態生理up to date

倉敷中央病院・血液内科 上田恭典…157

Coombs試験,寒冷凝集反応などの赤血球抗体検査の読み方

自治医科大学・地域医療学センター 亀崎豊実…164

自己免疫性溶血性貧血の診断と治療

川崎医科大学・血液内科学 和田秀穂…170

冷式抗体による溶血性貧血の病態と診断・治療

愛知医科大学・先端医学研究センター 神奈木玲児…177

補体系の役割と補体関連疾患

酪農学園大学・臨床栄養学 大谷克城,ほか…184

発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)を中心としたGPI欠損症の分子遺伝学・生物学

大阪大学微生物病研究所 村上良子,ほか…192

発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH)診療の最前線

大阪大学・血液・腫瘍内科学 西村純一…198

サラセミアを含むヘモグロビン異常症の新展開

山口県済生会山口総合病院・臨床検査部 服部幸夫…204

先天性溶血性貧血の新知見

東京女子医科大学・輸血・細胞プロセシング科 小倉浩美,ほか…212

赤血球破砕症候群と行軍ヘモグロビン尿症

JR東京総合病院・血液・腫瘍内科 杉本耕一…220

リンパ系腫瘍と溶血性貧血

大阪市立大学・血液腫瘍制御学 日野雅之…228

非典型溶血性尿毒症症候群の遺伝子診断

東京大学・腎臓・内分泌内科 川端千晶,ほか…234

自己免疫性溶血性貧血を発見の契機とする先天性免疫異常症

群馬県立小児医療センター・血液腫瘍科 大和玄季,ほか…239

話題

FLT3 ITD AMLにおけるFLT3活性抑制時のグルタミン依存性

NTT東日本関東病院・血液内科 半下石 明…245

免疫不全状態におけるEBV関連リンパ腫発症に関与するRho経路の変化

聖マリアンナ医科大学・血液・腫瘍内科 磯部泰司…252

ALアミロイドーシスの予後因子としてのGDF-15

日本赤十字社医療センター・血液内科 余語孝夫,ほか…257

GVHD発症における好中球を介した回腸・腸管膜リンパ節連絡の役割

埼玉医科大学総合医療センター・輸血部 田坂大象…262

小児AMLにおけるRUNX1遺伝子変異の臨床的意義

上武大学医学生理学研究所 林 泰秀…268

解説

高齢者貧血の原因とその管理

調布東山病院・内科 須永眞司…275

免疫反応の統合的調節因子としてのMYC遺伝子

三井記念病院・血液内科 高橋強志…281

JMMLにおけるゲノム異常

名古屋大学・小児科 村松秀城…286

Hodgkinリンパ腫治療の進歩

島根大学・腫瘍・血液内科 鈴宮淳司,ほか…293

総説

新薬ラッシュ時代におけるポマリドミドを用いた治療戦略

永寿総合病院・血液内科 萩原政夫…300