HOME > 血液内科 > 血液内科 第79巻第1号(2019年7月発行)

血液内科

第79巻第1号(2019年7月発行)

血液内科
第79巻第1号(2019年7月発行)

特集 血液領域における免疫療法と抗体医薬-最近の展開
[冊子版ISSN:2185-582X 電子版ISSN:2188-9465]

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,300
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  



<電子版>
定価 ¥3,300
(本体 ¥3,000+税)

■こちらの商品は残りわずかです。

特集 血液領域における免疫療法と抗体医薬-最近の展開

悪性リンパ腫における免疫チェックポイント阻害薬の現状

東京医科歯科大学・血液内科 山本正英…1

多発性骨髄腫におけるCAR-T療法の現状と展望

東京大学医科学研究所附属病院・血液腫瘍内科 今井陽一…6

急性骨髄性白血病に対するCAR-T細胞療法の展望

三重大学・個別化がん免疫治療学 藤原 弘…12

急性骨髄性白血病に対するWT1ペプチドワクチンの有用性

大阪大学・生体情報科学 中田 潤,ほか…19

急性リンパ芽球性白血病に対するブリナツモマブ-微小残存病変の評価を含めて

香川大学・血液・免疫・呼吸器内科学 門脇則光…26

B細胞性リンパ系腫瘍に対するイノツズマブオゾガマイシンの臨床効果

春日井市民病院・血液・腫瘍内科 小椋美知則…33

急性リンパ芽球性白血病に対するリツキシマブの有用性

九州大学・血液・腫瘍・心血管内科 加藤光次…43

初発多発性骨髄腫患者におけるdaratumumabの臨床効果

久留米大学・血液・腫瘍内科 大崎浩一,ほか…49

ブレンツキシマブベドチンによる悪性リンパ腫治療

埼玉医科大学国際医療センター・造血器腫瘍科 塚崎邦弘…55

濾胞性リンパ腫に対するオビヌツズマブの位置づけ

東海大学・血液腫瘍科 大間知 謙…65

T細胞性リンパ腫に対するモガムリズマブの有用性

鹿児島大学・血液・膠原病内科 中村大輔,ほか…70

後天性TTPに対するcaplacizumabの臨床効果

奈良県立医科大学・輸血部 酒井和哉,ほか…76

話題

急性前骨髄球性白血病に対するタミバロテンによる維持療法の有用性

浜松医科大学・輸血・細胞治療部 竹下明裕…82

家族性MDSの原因遺伝子の探索

東京大学・血液・腫瘍内科 高岡賢輔,ほか…87

血管内大細胞型B細胞リンパ腫における皮膚生検の意義

亀田総合病院・皮膚科 円山尚子,ほか…93

骨形成・吸収におけるRANKリガンドシグナルの新たな役割

東京大学・薬剤部 池淵祐樹,ほか…100

解説

急性骨髄性白血病に対するvenetoclax・脱メチル化薬併用療法の臨床効果とそのメカニズム

福井大学・血液・腫瘍内科 大蔵美幸,ほか…106

急性骨髄性白血病に対するCDK9阻害薬の作用機序と臨床効果

東京大学・血液・腫瘍病態学 中原史雄,ほか…111

低リスクMDSの治療

近畿大学・血液・膠原病内科 森田泰慶…116

本態性血小板血症に対するヒドロキシカルバミド+アスピリン vs. アスピリン

国立国際医療研究センター病院・血液内科 中村文彦…123