HOME > 臨床免疫・アレルギー科 > 臨床免疫・アレルギー科 第63巻第2号(2015年2月発行)

臨床免疫・アレルギー科

第63巻第2号(2015年2月発行)

臨床免疫・アレルギー科
第63巻第2号(2015年2月発行)

特集 I.感染・炎症・免疫とメタボローム
特集 II.皮膚アレルギー疾患の病態解明の進歩
[冊子版ISSN:1881-1930 電子版ISSN:2188-9430]

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  



<電子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)

特集 I.感染・炎症・免疫とメタボローム

医学におけるメタボローム研究の現状

神戸大学・消化器内科学 那賀川 峻,ほか…107

がんのメタボローム

東京理科大学・生命医科学研究所 江角浩安…112

脂肪酸代謝と炎症のメタボロミクス

理化学研究所・統合生命医科学研究センター 有田 誠…118

C 型肝炎とメタボローム

山形大学・消化器内科 齋藤貴史,ほか…125

メタボローム・イメージング-炎症研究でのイメージング質量分析の役割-

慶應義塾大学・医化学 杉浦悠毅…131

特集 II.皮膚アレルギー疾患の病態解明の進歩

レチノイン酸代謝による皮膚バリアの恒常性維持-線維芽細胞によるマスト細胞調節機構-

東京大学・医科学研究所 佐藤 健,ほか…139

重症慢性蕁麻疹患者の皮膚マスト細胞におけるMas-related gene X2の高発現

日本大学・総合医学研究所 岡山吉道…146

アトピー性皮膚炎におけるセラミドとLMIR3

順天堂大学・アトピー疾患研究センター 北浦次郎,ほか…151

接触皮膚炎と抗炎症脂質メディエーター

東京都医学総合研究所・脂質代謝プロジェクト 三木寿美,ほか…156

総説

最近明らかになってきた好塩基球の役割

東京医科歯科大学・免疫アレルギー学 三宅健介,ほか…164

話題

C 型レクチンによるPAMPs/DAMPsの認識

九州大学・生体防御医学研究所 米川晶子,ほか…170

誘導型皮膚関連リンパ組織

京都大学・皮膚科学 小野さち子,ほか…175

解説

抗体産生とTH2・TFHの関係

東京理科大学・生命医科学研究所 久保允人…182

ミスフォールド蛋白質/MHCクラス II 分子複合体による新たな自己免疫疾患発症機構

大阪大学・免疫学フロンティア研究センター 荒瀬 尚…187

T 細胞免疫シナプス研究の最新事情

理化学研究所・統合生命医科学研究センター 横須賀 忠…193