HOME > 臨床免疫・アレルギー科 > 臨床免疫・アレルギー科 第66巻第1号(2016年7月発行)

臨床免疫・アレルギー科

第66巻第1号(2016年7月発行)

臨床免疫・アレルギー科
第66巻第1号(2016年7月発行)

特集 I.リンパ球の制御機構の解明の新展開
特集 II.アトピー性皮膚炎の分子細胞病態
[冊子版ISSN:1881-1930 電子版ISSN:2188-9430]

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  



<電子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)

特集 I.リンパ球の制御機構の解明の新展開

IFNおよびIL-27による 2 型自然リンパ球の抑制機構

理化学研究所・統合生命医科学研究センター 古賀 諭,ほか…1

転写因子 E 蛋白質と拮抗因子Id蛋白質の 2 つのバランスを軸とした転写制御は T 細胞分化と活性化をコントロールする

京都大学・再生医科学研究所 宮崎正輝…8

自己免疫疾患を抑制する重要因子の同定

東京大学・免疫学 高場啓之…15

IgG4関連疾患における血中濾胞性Th2細胞の増加と病態

慶應義塾大学・リウマチ内科 秋山光浩,ほか…22

ナイーブ T リンパ球の生存にはKDLER1-PP1経路を介した細胞ストレスの解消が重要である

北海道大学・遺伝子病制御研究所 上村大輔,ほか…29

特集 II.アトピー性皮膚炎の分子細胞病態

アトピー性皮膚炎のゲノムワイド関連解析

理化学研究所・統合生命医科学研究センター 広田朝光,ほか…33

アトピー性皮膚炎モデルマウスにおける皮膚pH調節機構の解析

東京農工大学・動物生命科学部門 田中あかね…39

ニコチン受容体修飾因子SLURP-1による乾癬の新規治療戦略

慶應義塾大学・薬理学 森脇康博…45

バリア機能と皮膚免疫

横浜市立大学・環境免疫病態皮膚科学 猪又直子…50

アトピー性皮膚炎とIL-33, IL-25およびTSLP

国立成育医療研究センター研究所・免疫アレルギー・感染研究部 二村恭子…56

総説

成人 T 細胞白血病リンパ腫における遺伝子異常の解明

京都大学・腫瘍生物学 片岡圭亮,ほか…61

話題

精子カルシニューリンはオスの生殖能に必須である

大阪大学・微生物病研究所 宮田治彦,ほか…66

やる気や頑張りをつかさどる側坐核が,脊髄損傷からのリハビリテーションによる機能回復に大切である

生理学研究所・認知行動発達機構研究部門 澤田真寛,ほか…72

東アジア人の高血圧関連遺伝子の同定

国立国際医療研究センター研究所・遺伝子診断治療開発研究部 加藤規弘…77

解説

新規宿主因子MARCH8によるHIV-1エンベロープ糖蛋白質のダウンレギュレーション

国立感染症研究所・感染病理部 多田卓哉,ほか…82

細胞のがん化につながる染色体不安定性の分子メカニズムの解明

東京大学・分子細胞生物学研究所 丹野悠司,ほか…88