HOME > 臨床免疫・アレルギー科 > 臨床免疫・アレルギー科 第66巻第3号(2016年9月発行)

臨床免疫・アレルギー科

第66巻第3号(2016年9月発行)

臨床免疫・アレルギー科
第66巻第3号(2016年9月発行)

特集 I.癌免疫研究の新しい展開
特集 II.臓器特異的自己免疫疾患研究の進歩
[冊子版ISSN:1881-1930 電子版ISSN:2188-9430]

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  



<電子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)

特集 I.癌免疫研究の新しい展開

腫瘍における制御性 T 細胞の抑制

国立がん研究センター・先端医療開発センター 坂井千香,ほか…199

ヒトがん免疫微小環境の多様性

慶應義塾大学・先端医科学研究所 河上 裕…205

Somato-Germinomicsがん幹細胞抗原とCTL-based免疫療法

札幌医科大学・病理学第一 久保輝文,ほか…209

TRAIL受容体 1-IgM抗体によるがん細胞のアポトーシス誘導

富山大学・免疫学 小澤龍彦,ほか…215

特集 II.臓器特異的自己免疫疾患研究の進歩

EAEの中枢神経炎症におけるRANKLと T 細胞の役割

東京大学・骨免疫学 岡本一男,ほか…221

Aireの末梢異所性発現と自己免疫疾患

徳島大学・呼吸器・膠原病内科学 河野 弘,ほか…227

ネオ・セルフMHCクラス II 分子による新たな自己免疫疾患発症機構

大阪大学・微生物病研究所 末永忠広,ほか…234

RIG-I様受容体の恒常活性化による自己免疫

京都大学・ウイルス研究所 大音泰介,ほか…241

総説

がん免疫療法-そのメカニズムと最近の進歩

島根大学・免疫学 原田 守…248

話題

インフルエンザウイルス感染に対する液性免疫

理化学研究所・統合生命医科学研究センター 宮内浩典,ほか…256

EBウイルスはバセドウ病の発症や増悪の最終因子となる

鳥取大学・分子病理学 長田佳子,ほか…261

Toll様受容体を標的とした急性放射線性消化管症候群の新たな予防戦略

千葉大学・粘膜免疫学 武村直紀,ほか…267

解説

ITAM/ITIM共役受容体によるパターン認識と自然免疫応答

鹿児島大学・免疫学 豊永憲司,ほか…274

感染免疫における胚中心依存的な B 細胞記憶応答

国立感染症研究所・免疫部 高橋宜聖…283

ベーチェット病患者の末梢血ケモカインプロファイルからみえるベーチェット病の病態について-Th17/Th22細胞のバランスの重要性

慶應義塾大学・リウマチ内科 安岡秀剛,ほか…289

感染および腫瘍に対する腸管上皮細胞の自然免疫機構

理化学研究所・統合生命医科学研究センター Kendle Maslowski,ほか…294