HOME > 臨床免疫・アレルギー科 > 臨床免疫・アレルギー科 第66巻第4号(2016年10月発行)

臨床免疫・アレルギー科

第66巻第4号(2016年10月発行)

臨床免疫・アレルギー科
第66巻第4号(2016年10月発行)

特集 I.オートファジー:基礎から病態まで
特集 II.アレルギー性疾患における免疫細胞の新たな役割とその制御機構
[冊子版ISSN:1881-1930 電子版ISSN:2188-9430]

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  



<電子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)

特集 I.オートファジー:基礎から病態まで

オートファジーの分子メカニズム

東京工業大学・生命理工学院 小谷哲也,ほか…301

オートファジーと発生

東京大学・分子生物学 吉井紗織,ほか…309

細菌感染とオートファジー

京都大学・微生物感染症学 中川一路…314

ウイルス感染とオートファジー

Dept. of Infectious Diseases, Molecular Virology, University of Heidelberg 田端桂介,ほか…324

選択的オートファジーと疾患

新潟大学・内部環境医学 坂井俊介,ほか…330

酸化ストレスを神経変性に変換する仕組み:鍵分子ZNRF1の活性化メカニズムと変性する軸索におけるオートファジー誘導

国立精神・神経医療研究センター神経研究所・疾病研究第五部 若月修二,ほか…337

特集 II.アレルギー性疾患における免疫細胞の新たな役割とその制御機構

小腸の好酸球はIL-1受容体アンタゴニスト産生によりTh17細胞を抑制する

近畿中央胸部疾患センター 菅原玲子,ほか…345

好酸球のETosisによる脱顆粒とその機能

秋田大学・循環型医療教育システム学 竹田正秀,ほか…352

アレルギー性疾患を制御する新規制御性 B 細胞について

金沢大学・皮膚科学 松下貴史,ほか…357

口腔CD103-CD11b+古典的樹状細胞は所属リンパ節で舌下投与された抗原を提示し,Foxp3+制御性 T 細胞を誘導する

東北大学・小児発達歯科学 田中志典,ほか…364

好塩基球の自然免疫応答によるIL-4産生のFc受容体γ鎖依存性

順天堂大学・アトピー疾患研究センター 高井敏朗,ほか…371

総説

MARCHファミリーによる免疫制御機構

兵庫医科大学・病原微生物学 石戸 聡…375

話題

上皮細胞死による制御性 T 細胞数の制御

筑波大学・免疫制御医学 中澤優太,ほか…381

Arid5aによるナイーブ T 細胞運命の制御

大阪大学・免疫学フロンティア研究センター 増田和哉…388

JAK1キナーゼ活性化によるアトピー性皮膚炎発症のメカニズム

理化学研究所・統合生命医科学研究センター 吉田尚弘…393

解説

NLRC5/CITA:がんの免疫逃避システムにおける役割

テキサス A&M 大学 吉濱小百合,ほか…400

大腸幹細胞特異的ニッシェによる粘膜上皮の恒常性維持機構

慶應義塾大学・内科学 佐々木伸雄,ほか…407

HIV感染とtunneling nanotube

熊本大学・エイズ学研究センター 鈴 伸也…413