HOME > 臨床免疫・アレルギー科 > 臨床免疫・アレルギー科 第67巻第4号(2017年4月発行)

臨床免疫・アレルギー科

第67巻第4号(2017年4月発行)

臨床免疫・アレルギー科
第67巻第4号(2017年4月発行)

特集 I.IgG4関連疾患の病因病態
特集 II.シェーグレン症候群の病因病態
[冊子版ISSN:1881-1930 電子版ISSN:2188-9430]

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  



<電子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)

特集 I.IgG4関連疾患の病因病態

濾胞性ヘルパー 2 型 T 細胞の関与

慶應義塾大学・リウマチ内科 秋山光浩,ほか…329

IgG4関連疾患の病態形成における自然免疫活性化機構

九州大学・顎顔面腫瘍制御学 森山雅文,ほか…337

IgG4関連疾患のプロテオーム解析

金沢医科大学・血液免疫内科学 河南崇典,ほか…343

遺伝子発現からみた病因病態

筑波大学・膠原病・リウマチ・アレルギー 住田孝之,ほか…349

治療効果からみた病因病態

札幌医科大学・免疫・リウマチ内科学 山本元久,ほか…354

特集 II.シェーグレン症候群の病因病態

環境因子と免疫トレランスの破綻

徳島大学・口腔分子病態学 石丸直澄…360

シェーグレン症候群におけるcorticotropin-releasing hormone familyの役割

兵庫医科大学・リウマチ膠原病科 横山雄一,ほか…366

シェーグレン症候群におけるToll-like receptorの役割

長崎大学・リウマチ・膠原病内科学 清水俊匡,ほか…372

シェーグレン症候群の病態におけるBAFF/BAFF受容体の役割と治療への展開

慶應義塾大学・リウマチ内科 吉本桂子,ほか…377

シェーグレン症候群におけるインターフェロン関連分子の関与

浜松医科大学・第三内科 小川法良…383

唾液腺細胞からみたシェーグレン症候群の病態の解明と治療

徳島大学・口腔内科学 東 雅之…389

総説

喘息における気道炎症の病態

日本大学・呼吸器内科学 引地麻梨,ほか…397

話題

成人における好酸球性消化管疾患

福岡大学筑紫病院・消化器内科 石川智士,ほか…404

小児における好酸球性消化管疾患(eosinophilic gastrointestinal disorder;EGID)

順天堂大学・小児科 工藤孝広…410

自己炎症性疾患の病態-iPS細胞の応用

京都大学・iPS細胞研究所 齋藤 潤…417

エピジェネティクプライミング-制御性 T 細胞の発生-

大阪大学・最先端医療イノベーションセンター 大倉永也…424

解説

角膜上皮におけるTNF受容体シェディング

日本大学・眼科学 崎元 暢…431

破骨細胞の多核化のメカニズム

Dept. of Pathology and Laboratory Medicine, University of Pennsylvania 竹ケ原宜子…437

歯周病と関節リウマチ

京都大学病院・リウマチセンター 橋本 求…445