HOME > 臨床免疫・アレルギー科 > 臨床免疫・アレルギー科 第68巻第6号(2017年12月発行)

臨床免疫・アレルギー科

第68巻第6号(2017年12月発行)

臨床免疫・アレルギー科
第68巻第6号(2017年12月発行)

特集 I.腫瘍免疫と癌免疫療法
特集 II.川崎病の現況
[冊子版ISSN:1881-1930 電子版ISSN:2188-9430]

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  



<電子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)

特集 I.腫瘍免疫と癌免疫療法

メトホルミンによるCD8+TILの代謝改変におけるreactive oxygen species(ROS)の関与

岡山大学・免疫学 西田充香子,ほか…583

効果的な癌免疫療法と制御性 T 細胞のコントロール

国立がん研究センター・先端医療開発センター 熊谷尚悟,ほか…589

腫瘍浸潤制御性 T 細胞の特異的転写制御

塩野義製薬株式会社・創薬疾患研究所 木谷友次朗,ほか…595

遺伝子改変 T 細胞による癌免疫療法

愛媛大学・血液・免疫・感染症内科学 丸田雅樹,ほか…601

α-ガラクトシルセラミドにより活性化された樹状細胞を介して誘導されたCD8陽性キラー T 細胞による腫瘍制御

日本医科大学・微生物学・免疫学 高橋秀実…607

特集 II.川崎病の現況

川崎病50年

特定非営利活動法人日本川崎病研究センター 川崎富作…612

川崎病の疫学-Yamaguchi Studyの結果から-

山口大学・小児科学 長谷川俊史,ほか…617

川崎病の病因・病態解明の進歩

九州大学・成長発達医学 村田憲治,ほか…623

川崎病の動物モデル

九州大学・成長発達医学 西尾壽乘,ほか…629

川崎病の合併症

獨協医科大学埼玉医療センター・小児科 松原知代…636

川崎病の治療の変遷と進歩

北里大学・小児科学 江波戸孝輔,ほか…643

総説

IgA腎症病態研究の進展-腎炎惹起性抗体の産生を中心に-

順天堂大学・腎臓内科学 二瓶義人,ほか…649

話題

口腔粘膜における特有の免疫制御機構

東京医科歯科大学・分子免疫学 古澤慧美,ほか…656

妊婦血漿中のHLA-Gは胎児拒絶を抑制するか

奈良県立医科大学・免疫学 王寺(下嶋)典子…662

アルコール長期過剰摂取マウスにおける消化管感染に対する感染性抵抗性は,断酒治療により回復する

大阪医科大学・第 2 内科 朝井 章,ほか…671

解説

APRIL/TNFSF13とBAFF/TNFSF13Bによる腸管抗体産生の抑制

獨協医科大学・免疫学 橋口昌章,ほか…677

脂肪組織炎症におけるNKT細胞と脂肪細胞の相互作用

北里大学・免疫学 佐藤 雅,ほか…682