HOME > 臨床免疫・アレルギー科 > 臨床免疫・アレルギー科 第70巻第2号(2018年8月発行)

臨床免疫・アレルギー科

第70巻第2号(2018年8月発行)

臨床免疫・アレルギー科
第70巻第2号(2018年8月発行)

特集 I.T 細胞研究の新展開
特集 II.アレルギー性皮膚疾患の病態解明
[冊子版ISSN:1881-1930 電子版ISSN:2188-9430]

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,300
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  



<電子版>
定価 ¥3,300
(本体 ¥3,000+税)

特集 I.T 細胞研究の新展開

胆汁酸が存在する環境において多剤排出トランスポーターMDR1はT細胞の恒常性を維持することで回腸炎の発症をふせぐ

大阪大学・免疫制御学 香山尚子,ほか…107

ワクチン応答時における臓器間対話-個体のシステム生物学から見えてきたもの-

FAS Center for Systems Biology,Harvard University 角木基彦,ほか…112

ヒト自然リンパ球の分化とNotch シグナルの役割

放射線影響研究所・分子生物科学部 京泉誠之…120

多発性硬化症において循環血中のエクソソームはlet-7i を介して制御性T細胞の分化を抑制する

国立精神・神経医療研究センター神経研究所・免疫研究部 木村公俊,ほか…129

特集 II.アレルギー性皮膚疾患の病態解明

Ikaros family zinc finger 1 の皮膚粘膜炎症への関与

京都府立医科大学・感覚器未来医療学 上田真由美…136

マウスとカニクイザルにおいて17,18-EpETE は好中球のGPR40を介した遊走抑制によって接触皮膚炎を改善する

医薬基盤・健康・栄養研究所・ワクチン・アジュバント研究センター 長竹貴広,ほか…145

タクロリムス軟膏誘発性のかゆみのメカニズムに関して

京都大学・皮膚科学 大塚篤司,ほか…150

アトピー性皮膚炎と敏感肌

浜松医科大学・皮膚科学 矢田貝 剛,ほか…157

総説

Foxp3 変異体の機能解析から明らかになった,組織局在型制御性T細胞の分化・集積における転写因子BATFの重要な役割

東京大学・免疫・微生物学 堀 昌平…162

話題

放射線誘導性腸線維症に対する好酸球除去を介した新規予防戦略

千葉大学・粘膜免疫学 武村直紀,ほか…168

マイクロRNAスクリーニングによる新たなインスリン抵抗性メカニズムの同定

国立国際医療研究センター研究所・糖尿病研究センター 粟澤元晴…175

解説

3型自然リンパ球の多様性

理化学研究所・生命医科学研究センター 玉浦 萌,ほか…180

Toll 様受容体TLR8の低分子阻害剤は不活性型の2量体構造を安定化する

東京大学・蛋白構造生物学 丹治裕美,ほか…187