HOME > 臨床免疫・アレルギー科 > 臨床免疫・アレルギー科 第71巻第5号(2019年5月発行)

臨床免疫・アレルギー科

第71巻第5号(2019年5月発行)

臨床免疫・アレルギー科
第71巻第5号(2019年5月発行)

特集 I.自己抗体のup-to-date
特集 II.免疫寛容研究のup-to-date
[冊子版ISSN:1881-1930 電子版ISSN:2188-9430]

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,300
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  



<電子版>
定価 ¥3,300
(本体 ¥3,000+税)

特集 I.自己抗体のup-to-date

全身性エリテマトーデスの病態形成における抗DNA抗体の役割

東京医科歯科大学・免疫病態検査学 窪田哲朗,ほか…455

抗Ro抗体症候群の考え方

日本医科大学・小児・思春期医学 伊藤保彦…461

抗ARS抗体症候群は独立疾患か

京都大学・臨床免疫学 三森経世…468

IgG4関連疾患は自己免疫現象か

札幌医科大学・免疫・リウマチ内科学 高橋裕樹…472

抗セントロメア抗体の新知見

加賀市医療センター・内科・リウマチ科 鈴木康倫,ほか…477

特集 II.免疫寛容研究のup-to-date

胸腺抗原提示細胞の成熟におけるTNFレセプターファミリーシグナルの役割

理化学研究所・生命医科学研究センター 関 崇生,ほか…482

ヒトAIREを発現させたNODマウスに認められる自己免疫応答

徳島大学・先端酵素学研究所 西嶋 仁,ほか…490

Treg 特異的なTCRシグナル分子制御と免疫寛容の維持

大阪大学・免疫学フロンティア研究センター 田中 淳,ほか…497

中枢性自己免疫寛容に関与するBCR/TLRシグナルとAID発現

Dept. of Immunology,Duke University Medical Center 倉岡雅征…502

免疫抑制薬フィンゴリモド(FTY720)を用いた免疫寛容誘導

摂南大学・病態医科学 吉田侑矢,ほか…508

総説

自己免疫疾患治療の新戦略

慶應義塾大学・リウマチ・膠原病内科 花岡洋成,ほか…515

話題

CCL22と自己免疫疾患

徳島大学・口腔分子病態学 牛尾 綾,ほか…520

アトピー性皮膚炎新規治療法IL-4/IL-13受容体抗体

京都大学・皮膚科学 本田哲也…527

ヒト化IL-3/GM-CSFトランスジェニックNOGマウス

実験動物中央研究所 伊藤亮治…533

解説

抗Ro52抗体の測定法

日本大学・血液膠原病内科学 西脇農真,ほか…539

慢性GVHDの免疫学的機序

国立がん研究センター中央病院・造血幹細胞移植科 稲本賢弘…544

造血器腫瘍におけるエピゲノム異常を標的とした治療

九州大学病院・血液・腫瘍・心血管内科 加藤光次…549