HOME > 臨床免疫・アレルギー科 > 臨床免疫・アレルギー科 第72巻第2号(2019年8月発行)

臨床免疫・アレルギー科

第72巻第2号(2019年8月発行)

臨床免疫・アレルギー科
第72巻第2号(2019年8月発行)

特集 I.アレルギーの分子細胞機構
特集 II.がん免疫と免疫療法
[冊子版ISSN:1881-1930 電子版ISSN:2188-9430]

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,300
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  



<電子版>
定価 ¥3,300
(本体 ¥3,000+税)

特集 I.アレルギーの分子細胞機構

エフェクター,メモリーTh2 細胞の誘導と維持のエピジェネティクス

千葉大学・免疫発生学 小久保幸太,ほか…117

薬剤による偽アレルギーにおけるCD300f の役割について

順天堂大学・アトピー疾患研究センター 貝谷綾子,ほか…122

経口免疫療法によるマスト細胞機能制御

東京大学・医科学研究所 高里良宏,ほか…129

喘息増悪における好酸球の関与とその役割

埼玉医科大学・呼吸器内科 中込一之,ほか…136

特集 II.がん免疫と免疫療法

腫瘍微小環境における免疫抑制ネットワーク

国立がん研究センター研究所・腫瘍免疫研究分野 板橋耕太,ほか…142

固形がんに対するCAR-T療法の開発

慶應義塾大学・先端医科学研究所 谷口智憲,ほか…148

アラーミンHMGN1と抗PD-L1/ 抗CD4抗体併用による相乗的抗腫瘍効果

東京理科大学・生命医科学研究所 陳 昌佑,ほか…153

化学療法剤で誘導される老化がん細胞は免疫療法の良い標的となる

島根大学・免疫学 原田 守…159

IL-6 とPD-1/PD-L1 シグナルの併用阻害による免疫抑制効果の相互制御の遮断

熊本大学・免疫学 塚本博丈,ほか…165

総説

腸管IgA と消化管細菌叢の相互作用

東京大学・定量生命科学研究所 孫 安生,ほか…174

話題

固形がんを標的とするCAR-T細胞の新しいプラットホーム技術

山口大学・免疫学 安達圭志,ほか…180

腸管寄生虫と腸内細菌のクロストークによる1 型糖尿病抑制メカニズム

国立感染症研究所・寄生動物部 下川周子,ほか…188

JAK阻害剤による関節リウマチの新しい治療法

神戸大学・免疫内科学 森信暁雄…194

解説

免疫細胞分化とエピジェネティック制御

理化学研究所・生命医科学研究センター 谷内一郎…200

IL-1 による脂肪組織の炎症における好中球の役割

富山県立大学・医薬品工学科 長井良憲,ほか…207

老化とがんにおけるSASPの役割

がん研究会がん研究所・細胞老化プロジェクト 宮田憲一,ほか…214

原著

アレルギー性鼻炎に対する第2 世代抗ヒスタミン薬の有効性に関するシステマティックレビューおよびネットワークメタアナリシス

日本医科大学・耳鼻咽喉科学 大久保公裕,ほか…220