HOME > 腫瘍内科 > 腫瘍内科 第18巻第6号(2016年12月発行)

腫瘍内科

第18巻第6号(2016年12月発行)

腫瘍内科
第18巻第6号(2016年12月発行)

特集 血液腫瘍の最近のトピックス-新たに保険承認されたあるいは適応拡大された造血器腫瘍に対する薬剤
[冊子版ISSN:1881-6568 電子版ISSN:2188-9503]

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  



<電子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)

特集 血液腫瘍の最近のトピックス-新たに保険承認されたあるいは適応拡大された造血器腫瘍に対する薬剤

編集にあたって

国立がん研究センター中央病院・血液腫瘍科 小林幸夫…549

パノビノスタットと多発性骨髄腫

日本赤十字社医療センター・血液内科 宮崎寛至,ほか…551

ポマリドマイドと骨髄腫

亀田総合病院・血液腫瘍内科 末永孝生…556

カルフィルゾミブとMM

三重大学・遺伝子・免疫細胞治療学 渡辺 隆…562

レナリドミドの初発例への適応拡大

新潟県立がんセンター新潟病院・内科 張 高明…569

ブレンツキシマブ・ベドチンとホジキンリンパ腫

国立がん研究センター中央病院・血液腫瘍科 丸山 大…575

イブルチニブとCLL

国立がん研究センター中央病院・血液腫瘍科 棟方 理…580

ベルケード(bortezomib)とマントル細胞リンパ腫(MCL)

東海中央病院・血液内科 小椋美知則…586

リツキシマブ維持療法と低悪性度リンパ腫

群馬県立がんセンター・血液腫瘍科 五十嵐忠彦…591

ボスチニブとCML

千葉大学・血液内科 長谷川 渚,ほか…599

ルキソリチニブとMF

大阪大学・血液・腫瘍内科 織谷健司…605

アナグレライドと本態性血小板血症

慶應義塾大学・血液内科 安部涼平,ほか…611

話題

妊婦の造血器腫瘍管理のガイドライン

東京慈恵会医科大学・腫瘍・血液内科 林 和美,ほか…617

キナーゼ活性化による殺細胞効果

国立がん研究センター中央病院・血液腫瘍科 山内寛彦,ほか…621

解説

CD33発現とGOの効き方

浜松医科大学・輸血細胞治療部 竹下明裕…627

Ibrutinib 使用後のMCLの予後,耐性化機序

久留米大学・病理学 瀬戸加大…632

AYA世代ALLのゲノム異常

国立病院機構名古屋医療センター・臨床研究センター 安田貴彦…635

急性骨髄性白血病(AML)治療におけるアントラサイクリン用量

東京慈恵会医科大学附属第三病院・腫瘍・血液内科 薄井紀子…642

連載 がん薬物療法専門医講座

がん薬物療法専門医のための模擬テスト79-解答と解説-

神奈川県立がんセンター・消化器内科・肝胆膵 小林 智…649

がん薬物療法専門医のための模擬テスト80

岐阜大学・血液病態学 鶴見 寿…653