HOME > 腫瘍内科 > 腫瘍内科 第21巻第3号(2018年3月発行)

腫瘍内科

第21巻第3号(2018年3月発行)

腫瘍内科
第21巻第3号(2018年3月発行)

特集 肝胆膵がん
[冊子版ISSN:1881-6568 電子版ISSN:2188-9503]

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  



<電子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)

特集 肝胆膵がん

特集にあたって

杏林大学・腫瘍内科学 古瀬純司…239

肝細胞がんに対する薬物療法の変遷-これまでの臨床試験から学ぶこと

国立がん研究センター東病院・肝胆膵内科 池田公史…240

肝細胞がんに対するレンバチニブのエビデンス-ソラフェニブに対する非劣性の意義

千葉大学・消化器内科学 小笠原定久,ほか…249

肝細胞がんの二次治療はどう変わるか?-レゴラフェニブの位置づけ

金沢大学・消化器内科 山下竜也,ほか…254

肝細胞がんにおける切除・ラジオ波治療の術後補助化学療法のこれまでと今後の展望

近畿大学・消化器内科 上嶋一臣…262

肝炎ウイルスの制御により肝発がんは変わったか?

武蔵野赤十字病院・消化器科 土谷 薫,ほか…266

胆道がん術後補助療法のエビデンス-大規模臨床試験の結果と今後の動向-

国立がん研究センター東病院・肝胆膵外科 小西 大…271

切除不能胆道がんに対する薬物療法-今後への期待

神奈川県立がんセンター・消化器内科・肝胆膵 上野 誠…276

膵がんの術前・術後補助療法のエビデンス

東北大学・消化器外科学 元井冬彦,ほか…280

Borderline resectable膵がんの概念と治療戦略

和歌山県立医科大学・第二外科 川井 学,ほか…288

局所進行膵がんに対する治療選択-化学放射線療法の位置づけ

関西医科大学・放射線治療科 中村聡明…295

家族性膵がんにおける遺伝子変異と薬物療法

金沢大学・先進予防医学研究センター 寺島健志,ほか…300

膵がん化学療法の現状と今後の課題

がん研究会有明病院・消化器内科 尾阪将人…307

肝・胆道・膵がんにおける免疫チェックポイント阻害薬の開発-現状と期待

国立病院機構四国がんセンター・臨床研究センター 石井 浩…313

肝・胆道・膵がんにおけるPrecision Medicineの現状と今後の展望

国立がん研究センター中央病院・肝胆膵内科 大場彬博,ほか…319

話題

がん治療医から緩和ケア病棟へ切れ目のない連携のために

慈生会野村病院・緩和ケア内科 佐野広美…325

新規抗がん剤の承認に大規模ランダム化比較試験は必要か?-新薬承認審査の最近の動向-

医薬品医療機器総合機構・再生医療製品等審査部 山口智宏…332

解説

非劣性試験と非劣性マージンの設定を考える:REFLECT/304試験を題材に

横浜市立大学・臨床統計学 山中竹春,ほか…339

連載 がん薬物療法専門医講座

がん薬物療法専門医のための模擬テスト94-解答と解説-

がん研究会有明病院・総合腫瘍科 温泉川真由…345

がん薬物療法専門医のための模擬テスト95

北海道大学・腫瘍センター 川本泰之…350

記録 第7回 がん新薬開発合同シンポジウム「アカデミアとオープンイノベーション~シーズ開発はどうあるべきか~」

国立がん研究センター東病院における早期シーズ開発体制整備

国立がん研究センター東病院・先端医療科 土井俊彦…351

筑波大学における橋渡し研究の出口戦略と人材育成

筑波大学・つくば臨床医学研究開発機構 荒川義弘…356

個人情報保護の新潮流

日立製作所・ヘルスケアビジネスユニット 佐藤恵一…360

新薬承認申請などへの疾患レジストリの活用に向けた規制の展開

医薬品医療機器総合機構 鹿野真弓…364

キャンバスは,なぜ,米国治験を選択したのか

株式会社キャンバス 河邊拓己…369

新規抗体のFIH目指して:柏から世界へ

国立がん研究センター・先端医療開発センター・新薬開発分野 松村保広…373