HOME > 腫瘍内科 > 腫瘍内科 第23巻第3号(2019年3月発行)

腫瘍内科

第23巻第3号(2019年3月発行)

腫瘍内科
第23巻第3号(2019年3月発行)

特集 神経内分泌腫瘍の薬物療法
[冊子版ISSN:1881-6568 電子版ISSN:2188-9503]

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,300
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  



<電子版>
定価 ¥3,300
(本体 ¥3,000+税)

特集 神経内分泌腫瘍の薬物療法

編集にあたって

杏林大学・腫瘍内科学 古瀬純司…177

神経内分泌腫瘍の病理分類-WHO2017分類と今後の展望

東北大学・病理診断学 笹野公伸,ほか…178

神経内分泌腫瘍のバイオマーカー

国立がん研究センター中央病院・肝胆膵内科 肱岡 範,ほか…184

神経内分泌腫瘍の診療ガイドラインと今後の動向

福岡山王病院・神経内分泌腫瘍センター 伊藤鉄英,ほか…195

神経内分泌腫瘍の遠隔転移に対する切除適応

獨協医科大学・第二外科 青木 琢,ほか…200

膵神経内分泌腫瘍に対する薬物療法

国立がん研究センター東病院・肝胆膵内科 池田公史…207

消化管神経内分泌腫瘍に対する薬物療法

京都大学・腫瘍内科 松本繁巳…215

肺原発神経内分泌腫瘍に対する薬物療法

京都府立医科大学・呼吸器内科学 谷村恵子,ほか…221

子宮・卵巣原発神経内分泌腫瘍に対する薬物療法

日本医科大学武蔵小杉病院・腫瘍内科 勝俣範之…228

泌尿器科系神経内分泌腫瘍に対する薬物療法

金沢大学・泌尿器科 岩本大旭,ほか…230

神経内分泌がんに対する薬物療法

国立がん研究センター中央病院・肝胆膵内科 森実千種,ほか…238

神経内分泌腫瘍に対するペプチド受容体放射性核種療法(PRRT)

横浜市立大学・がん総合医科学 小林規俊,ほか…244

神経内分泌腫瘍の薬物療法-新規薬剤の開発と動向

愛知県がんセンター中央病院・消化器内科部 水野伸匡,ほか…250

話題

膵神経内分泌腫瘍に対するテモゾロミド+カペシタビンのランダム化第Ⅱ相試験(E2211)

国立がん研究センター東病院・肝胆膵内科 高橋秀明…256

免疫療法の臨床試験における治療効果判定規準

金沢大学・先進予防医学研究センター 寺島健志…260

解説

神経内分泌腫瘍の診断-OctreoscanとDOTATOC-PET/CT

京都大学・画像診断学・核医学 石守崇好…266

連載 がん薬物療法専門医講座

がん薬物療法専門医のための模擬テスト107-解答と解説-

宮城県立がんセンター・頭頸部内科 山崎知子…272

がん薬物療法専門医のための模擬テスト108

東京都立多摩総合医療センター・消化器内科 井上 大…277

記録 第8回 がん新薬開発合同シンポジウム「臨床開発のNew Frontier~我々はどこに進むべきか~」

抗がん剤開発の今後の動向

医薬品医療機器総合機構・新薬審査第五部 野中孝浩…279

電子カルテEDC連動システムの可能性

大阪大学・医療情報学 松村泰志…283

SCRUM-Japanレジストリでの新しい取り組み

国立がん研究センター東病院 大津 敦…288

中国医療事情:海南省医療特区のケースと展望

株式会社千博医療 早川泰雄…294

Recent regulatory changes in China and their impacts to the clinical trials - from CRO standpoint

Project Management,Syneos Health 徐 元景…298

アジアにおける開発体制-企業の立場から

ファイザー株式会社・クリニカルリサーチ統括部・オンコロジー領域 廣橋朋子…303