HOME > リウマチ科 > リウマチ科 第47巻第1号(2012年1月発行)

リウマチ科

第47巻第1号(2012年1月発行)

リウマチ科
第47巻第1号(2012年1月発行)

特集 生物学的製剤のup to date

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  

特集 生物学的製剤のup to date

インフリキシマブ-RAに対する現状と使用法の工夫(RISING,RRR試験など)

産業医科大学・第一内科学 齋藤和義,ほか…1

エタネルセプト-RAに対するエタネルセプトの10年間の使用成績:その有効性と安全性

市民の森病院・膠原病・リウマチセンター 日高利彦…9

アダリムマブの実臨床における有用性-HARMONY試験を中心に

埼玉医科大学総合医療センター・リウマチ・膠原病内科 天野宏一…17

トシリズマブ-種々のリウマチ性疾患への可能性:全身性硬化症,多発性筋炎,成人発症スチル病,再発性多発軟骨炎,リウマチ性多発筋痛症,RS3PE,血清反応陰性脊椎関節炎,アミロイド A アミロイドーシス,ベーチェット病など

大阪大学・呼吸器・免疫アレルギー内科学 田中敏郎…23

アバタセプト-有効性と安全性の評価

東京医科歯科大学・薬害監視学 南木敏宏…33

ゴリムマブ-開発の現状と海外での成績

横浜南共済病院・膠原病リウマチ内科 長岡章平…41

セルトリズマブ・ペゴル-開発の現状と海外での成績

慶應義塾大学・リウマチ内科 亀田秀人…50

RA治療におけるリツキシマブの位置づけ

東京医科大学病院・リウマチ膠原病内科 大塚麻由,ほか…55

Ustekinumabの関節症性乾癬に対する効果

東京大学病院・皮膚科 藤田英樹,ほか…61

Denosumab-骨粗鬆症治療における有用性と関節リウマチの骨破壊抑制の可能性について

東京大学病院・整形外科 徳山直人,ほか…66

Belimumab-SLEに対する効果

京都大学・臨床免疫学 北郡宏次,ほか…72

話題

関節リウマチにおけるインスリン抵抗性とアディポカインの役割

東邦大学医療センター大森病院・リウマチ膠原病センター 遠藤平仁…77

新しい寛解基準とそれを用いたRAの評価

国立病院機構相模原病院・リウマチ科 松井利浩…82

ビスフォスフォネート治療に伴う副作用の現状と課題-ビスフォスフォネート関連顎骨壊死へのPTH製剤臨床応用の可能性-

東邦大学医療センター佐倉病院・糖尿病・内分泌・代謝センター 龍野一郎…87

解説

Pyoderma gangrenosum

慶應義塾大学・皮膚科 高江雄二郎…91

Janus kinase(JAK)阻害薬tofacitinibの作用機序と自己免疫疾患治療薬としての可能性

産業医科大学・第一内科学 山岡邦宏,ほか…97

IL-17ファミリーの機能

東京大学医科学研究所・システム疾患モデル研究センター 秋津 葵,ほか…101