HOME > リウマチ科 > リウマチ科 第55巻第6号(2016年6月発行)

リウマチ科

第55巻第6号(2016年6月発行)

リウマチ科
第55巻第6号(2016年6月発行)

特集 リウマチ診療に必要な骨代謝マーカーの知識
[冊子版ISSN:0915-227X 電子版ISSN:2188-9457]

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  



<電子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)

特集 リウマチ診療に必要な骨代謝マーカーの知識

骨代謝マーカーの適正使用ガイドライン(2012年版)

北陸大学・臨床解析学 佐藤友紀,ほか…563

酒石酸抵抗性酸ホスファターゼ(TRACP)-5b

慶應義塾大学・スポーツ医学総合センター 岩本 潤…569

ピリジノリンとデオキシピリジノリン

大阪市立大学・代謝内分泌病態内科学 山田真介…574

I型コラーゲン架橋N-テロペプチド(NTX)とI型コラーゲン架橋C-テロペプチド(CTX)

東京大学病院・22世紀医療センター 吉村典子…582

骨型アルカリホスファターゼ(BAP)

島根大学・内科学第一 山本昌弘…586

オステオカルシン(OC)と低カルボキシル化オステオカルシン(ucOC)

広島原爆障害対策協議会・健康管理・増進センター 藤原佐枝子…591

1型プロコラーゲン-N-プロペプチド(P1NP)

産業医科大学・第一内科学 岡田洋右,ほか…596

ペントシジン

群馬大学・整形外科学 米本由木夫,ほか…600

ホモシステイン

東京慈恵会医科大学・整形外科学 斎藤 充…606

話題

ステロイド性骨粗鬆症ガイドライン

東海大学・リウマチ内科学 鈴木康夫,ほか…615

TNFαの骨代謝に対する役割―骨破壊か,骨形成か?

東京女子医科大学・膠原病リウマチ痛風センター 八子 徹,ほか…623

抗sclerostin抗体romosozumabとblosozumabの閉経後骨粗鬆症に対する効果

埼玉医科大学・整形外科・脊椎外科 宮島 剛…633

解説

破骨細胞多核化のメカニズム

慶應義塾大学・整形外科学 宮本健史…638

動物モデルからみたステロイド骨粗鬆症のメカニズム

長崎大学・細胞生物学 小守壽文…643

ビスホスホネート製剤投与に伴う顎骨壊死-発症機序と臨床上の注意点update-

虎の門病院・内分泌センター 竹内靖博…650