HOME > リウマチ科 > リウマチ科 第57巻第4号(2017年4月発行)

リウマチ科

第57巻第4号(2017年4月発行)

リウマチ科
第57巻第4号(2017年4月発行)

特集 リウマチ,膠原病領域で注目される薬剤のbest use-適応症例と使用上の注意点
[冊子版ISSN:0915-227X 電子版ISSN:2188-9457]

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  



<電子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)

特集 リウマチ,膠原病領域で注目される薬剤のbest use-適応症例と使用上の注意点

関節リウマチに対するトファシチニブ

東京医科歯科大学・生涯免疫難病学 松井利浩…345

強直性脊椎炎に対するTNF阻害薬

順天堂大学・膠原病内科 多田久里守,ほか…351

乾癬性関節炎に対するセクキヌマブなどIL-17阻害薬

近畿大学・皮膚科学 大磯直毅…355

SLEの皮膚症状に対するヒドロキシクロロキン

和歌山県立医科大学・皮膚科学 池田高治…363

ループス腎炎に対するミコフェノール酸モフェチル

北海道大学・免疫・代謝内科学 河野通大,ほか…370

ベーチェット病に対するTNF阻害薬

帝京大学・内科学 菊地弘敏…377

ANCA関連血管炎に対するリツキシマブ-適応症例と使用上の注意点-

千葉大学病院・アレルギー・膠原病内科 古田俊介…384

肺高血圧症に対する可溶性グアニルシクラーゼ刺激薬リオシグアト-ホスホジエステラーゼ5阻害薬との違い

北里大学・膠原病感染内科学 田中住明…389

ステロイド性骨粗鬆症に対するテリパラチド製剤-2製剤の違い-

名古屋膠原病リウマチ痛風クリニック 田中郁子…395

ステロイド性骨粗鬆症に対するデノスマブ-ビスホスホネート製剤との違い

豊橋市民病院・リウマチ科 平野裕司,ほか…401

話題

関節リウマチ治療におけるバリシチニブの有用性

産業医科大学・第一内科学 久保智史,ほか…410

関節炎の病因としてのdysbiosis

大阪大学・呼吸器・免疫アレルギー内科学 前田悠一…416

解説

特発性炎症性筋疾患の自己抗体

神戸大学・免疫内科学 明石健吾,ほか…422

強皮症における肺高血圧症-その多様性と治療戦略

日本医科大学・アレルギー膠原病内科学 白井悠一郎…430

自己免疫疾患とNETosis

北海道大学・免疫・代謝内科学 楠 由宏,ほか…437

内科領域で注意すべき自己炎症症候群

久留米大学・呼吸器・神経・膠原病内科 井田弘明…443

原著

腰椎椎体に医原性免疫不全症関連リンパ増殖性疾患を発生した関節リウマチの1例

井上病院 金子哲也,ほか…448