HOME > リウマチ科 > リウマチ科 第60巻第6号(2018年12月発行)

リウマチ科

第60巻第6号(2018年12月発行)

リウマチ科
第60巻第6号(2018年12月発行)

特集 ステロイド性骨粗鬆症のupdate
[冊子版ISSN:0915-227X 電子版ISSN:2188-9457]

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,300
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  



<電子版>
定価 ¥3,300
(本体 ¥3,000+税)

特集 ステロイド性骨粗鬆症のupdate

ステロイド性骨粗鬆症の病態-Wnt pathway

Hospital for Special Surgery  金子開知,ほか…557

ステロイド性骨粗鬆症の病態-炎症性サイトカイン

慶應義塾大学・細胞組織学 松尾光一…566

ステロイド性骨粗鬆症の病態-オートファジー

東京医科歯科大学・分子情報伝達学 中島友紀…571

ステロイド性骨粗鬆症の診療ガイドライン

東海大学・リウマチ内科学 鈴木康夫,ほか…576

FRAX(R)に基づくステロイド性骨粗鬆症のマネージメント

安田女子大学・薬学部 藤原佐枝子…585

ステロイド性骨粗鬆症のCTによる骨折リスク評価

長崎大学・整形外科 千葉 恒,ほか…591

ステロイド性骨粗鬆症に対するビスホスホネートの有用性

新潟県立リウマチセンター・リウマチ科 長谷川絵理子,ほか…597

ステロイド性骨粗鬆症に対するdenosumabの有用性

信州大学・整形外科 中村幸男…603

ステロイド性骨粗鬆症に対するteriparatideの有用性

京都府立医科大学・免疫内科学 河野正孝,ほか…609

話題

強皮症の皮膚病変に対するリツキシマブの効果

東京大学・皮膚科学 吉崎 歩,ほか…617

大血管炎におけるimaging biomarkerとしてのPETの意義

東京都健康長寿医療センター・膠原病・リウマチ科 杉原毅彦…624

滑膜組織と滑膜細胞の遺伝子発現解析による関節リウマチの病態解明

東京医科歯科大学・膠原病・リウマチ内科学 溝口史高…628

中枢神経ループスと視神経脊髄炎における抗体レパトワの共通性

北海道大学・免疫・代謝内科学 藤枝雄一郎,ほか…635

解説

骨細胞におけるKlotho発現と骨形成

東海大学・腎内分泌代謝内科 駒場大峰…641

骨粗鬆症治療の標的分子としてのsclerostinとは?

徳島大学・生体機能解析学 遠藤逸朗…646