HOME > リウマチ科 > リウマチ科 第61巻第1号(2019年1月発行)

リウマチ科

第61巻第1号(2019年1月発行)

リウマチ科
第61巻第1号(2019年1月発行)

特集 バイオシミラーの基礎と臨床
[冊子版ISSN:0915-227X 電子版ISSN:2188-9457]

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,300
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  



<電子版>
定価 ¥3,300
(本体 ¥3,000+税)

特集 バイオシミラーの基礎と臨床

バイオシミラーとは

東京医科歯科大学・名誉教授 宮坂信之…1

日本におけるバイオ後続品の承認審査

医薬品医療機器総合機構・再生医療製品等審査部 藤田理恵…5

バイオシミラーの免疫原性

日本医科大学・アレルギー膠原病内科学 桑名正隆…12

バイオシミラーの同等性/同質性評価

国立医薬品食品衛生研究所・生物薬品部 木吉真人,ほか…19

関節リウマチにおけるインフリキシマブ

広島大学病院・リウマチ・膠原病科 平田信太郎,ほか…28

関節リウマチにおけるアダリムマブ

京都府立医科大学・免疫内科学 和田 誠,ほか…33

エタネルセプトバイオシミラーの基礎と臨床

松野リウマチ整形外科 松野博明…41

関節リウマチ治療バイオシミラーの経済効果

東京女子医科大学・膠原病リウマチ内科 田中栄一…48

本邦の関節リウマチ治療でのバイオシミラーの現状と問題点

国立病院機構名古屋医療センター・整形外科リウマチ科 金子敦史…53

話題

炎症性サイトカインは転写因子SOXCを安定させることにより線維芽細胞様滑膜細胞のトランスフォーメーションに働く

神戸大学・免疫内科学 森信暁雄…59

薬剤起因性自己免疫疾患におけるNETsの関与

北海道大学・病態解析学 益田紗季子,ほか…64

米国における関節炎の頻度は既報よりも多い

京都大学・リウマチ性疾患先進医療学 田中真生…69

全身性エリテマトーデスに対するアタシセプトの24週間多施設ランダム化盲検試験の結果

埼玉医科大学・リウマチ膠原病科 舟久保ゆう…73

関節リウマチに対するmavrilimumabとgolimumabを用いたランダム化比較試験

東京大学・免疫療法管理学 神田浩子…81

成人発症IgA血管炎に対する治療-特にリツキシマブ投与の有用性について-

三重大学病院・リウマチ・膠原病センター 鈴木康夫,ほか…87

解説

新たな強皮症の治療候補薬に対する期待

東京女子医科大学・膠原病リウマチ内科 川口鎮司…94

移行期患者におけるリウマチ診療の展望と問題点

東京医科歯科大学・生涯免疫難病学 森 雅亮…99