HOME > 神経内科 > 神経内科 第80巻第5号(2014年5月発行)

神経内科

第80巻第5号(2014年5月発行)

神経内科
第80巻第5号(2014年5月発行)

特集 I.DBSとrTMSの最近の進歩
特集 II.多発性硬化症の認知機能障害

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  

特集 I.DBSとrTMSの最近の進歩

脚橋被蓋核(PPN)の機能とParkinson病

旭川医科大学脳機能医工学研究センター 高草木 薫…527

DBSのジストニア,振戦,過運動障害に対する効果

東京女子医科大学脳神経外科 平 孝臣ほか…536

DBSの非運動症状への影響

日本大学応用システム神経科学 深谷 親ほか…541

DBSに伴う発話障害

名古屋大学神経内科 坪井 崇ほか…547

QPS(quadripulse stimulation)の基礎と臨床応用

福島県立医科大学神経内科 榎本博之…555

特集 II.多発性硬化症の認知機能障害

多発性硬化症の認知機能障害の特徴

北海道大学保健科学研究院 大槻美佳…562

BRB-Nを用いた高次脳機能検査

北海道医療センター臨床研究部 新野正明ほか…569

多発性硬化症における認知機能障害と神経放射線学的所見

新潟大学神経内科学 河内 泉ほか…574

多発性硬化症の認知機能障害-インターフェロンによる予防効果

東北薬科大学病院神経内科 藤盛寿一ほか…581

原著

脳膿瘍後に生じたてんかん性高次機能障害の 1 例

埼玉医科大学神経内科 岡田真里子ほか…585

糖尿病神経障害評価におけるアキレス腱反射の意義

横浜市立大学附属市民総合医療センター 長谷川 修ほか…591

脳血管障害に脳幹型posterior reversible encephalopathy syndromeを併発した血液維持透析患者の 1 例

愛知県厚生連安城更生病院神経内科 井汲一尋ほか…595

BRIEF CLINICAL NOTES

IVIgが著効した再発性Miller Fisher症候群の 1 例

新百合ケ丘総合病院神経内科 矢崎俊二ほか…600

脳接合菌症(脳ムコール症)の円蓋部血管病変

信州大学神経難病学 小野里知哉ほか…604

REVIEW

後天性hyperlexiaについて

東京慈恵会医科大学葛飾医療センター 鈴木 禎ほか…607

眼で見る神経内科

腓骨神経伝導検査ではとくに記録用活性電極を正しく配置することが大切である

横浜市立大学附属市民総合医療センター 長谷川 修ほか…613

LETTERS TO THE EDITOR

HIV関連慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー(CIDP)およびHIV関連神経認知障害(HAND)を呈した57歳男性例

聖マリア病院神経内科 姫野洋平ほか…615

Duloxetineが多系統萎縮症の嚥下障害に対して一定の効果がある可能性

東京医科歯科大学脳神経病態学 沼沢祥行ほか…617

臨床メモ

文化的遅滞

東京医療学院 古川哲雄…618