HOME > 精神科(心療内科) > 精神科 第6巻第3号(2005年3月発行)

精神科

第6巻第3号(2005年3月発行)

精神科
第6巻第3号(2005年3月発行)

特集 I.PTSD(外傷後ストレス障害)
特集 II.物質的環境が精神機能へどう影響するか

年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  

特集 I.PTSD(外傷後ストレス障害)

PTSDの現状と展望

東京大学精神医学 加藤進昌

PTSDの脳画像研究

東京大学精神医学 山末英典ほか

性暴力被害者の心理とケア

武蔵野大学人間関係学部 小西聖子

PTSDの薬物療法と行動療法-薬物による治療を中心に-

カリフォルニア大学精神科 Charles R. Marmar(訳・岸本年史)

EMDRによるPTSDの治療

東京大学精神医学 大渓俊幸

PTSDは確立しているか-PTSD診断に際して思われること-

佛教大学社会福祉学部 中嶋照夫

PTSD概念がもたらすもの

東京都精神医学総合研究所 飛鳥井 望

中越大震災における精神保健医療対策

新潟県精神保健福祉センター 福島 昇ほか

特集 II.物質的環境が精神機能へどう影響するか

物質的環境が自閉症と注意欠陥多動性障害へどう影響するか

産業技術総合研究所 増尾好則ほか

物質的環境が統合失調症へどう影響するか

東京大学精神医学 栃木 衛

Bisphenol-Aの胎児期および授乳期慢性曝露によるdopamine神経行動毒性発現

星薬科大学薬品毒性学 成田 年ほか

化学物質過敏症と精神疾患

北里大学労働衛生学 和田耕治ほか

連載

<Brain Science28> 気分障害と神経栄養因子・成長因子について

国立病院機構呉医療センター精神科・臨床研究部 竹林 実ほか

<リエゾンと緩和14> 癌患者のQOLの軌道-自記式質問紙(EORTC QLQ)を用いた癌患者のQOL調査から-(その1)

国際医療福祉大学医療福祉学研究科 松下年子ほか

<自殺8> ネット心中 (続)

藍野大学医療保健学部 岩波 明ほか

症例

被虐待経験のある思春期症例の精神療法過程

関西医科大学精神神経科学 北代麻美ほか

EMDRによってスムーズに曝露反応妨害法に導入できたOCDの 1 例

京都府立医科大学 精神機能病態学 吉田卓史ほか

トラゾドンが有効であった睡眠相後退症候群の 2 例

三重大学精神神経科学 元村英史ほか