HOME > 精神科(心療内科) > 精神科 第6巻第5号(2005年5月発行)

精神科

第6巻第5号(2005年5月発行)

精神科
第6巻第5号(2005年5月発行)

特集 I.精神科薬物療法の基本
特集 II.救急受診の患者をどう診るか-外来レベルでの対応-

年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  

特集 I.精神科薬物療法の基本

抗精神病薬

琉球大学精神病態医学 近藤 毅ほか

抗うつ薬

獨協医科大学精神神経医学 佐伯吉規ほか

抗不安薬

東京女子医科大学精神医学 富高辰一郎

睡眠薬

久留米大学精神神経科 内村直尚ほか

感情調整剤

長崎大学精神病態制御学 伊東 勉ほか

特集 II.救急受診の患者をどう診るか-外来レベルでの対応-

救急外来を受診した境界性パーソナリティ障害患者をどう診るか?

東京都立松沢病院精神科 林 直樹

救急外来を受診した不安障害患者をどう診るか

金沢大学脳情報病態学 宮津健次ほか

身体表現性障害-身体科医師とどう連携をとるか-

久留米大学精神神経科 恵紙英昭

救急外来を受診した覚醒剤精神病患者をどう診るか

藍野大学医療保健学部 岩波 明

救急外来を受診したアルコール依存の患者をどう診るか

周愛利田クリニック 利田周太

連載

<Brain Science30> 脳磁図のてんかん臨床への応用

北海道大学精神医学 田中尚朗ほか

<リエゾンと緩和16> 緩和ケアにおける終末期がん患者の希死念慮

国立がんセンター東病院医療連携室/患者・家族相談室 赤澤輝和ほか

<パトグラフィ11> 精神医学史探訪 X -誇り高きアイアス-

岩手医科大学神経精神科 酒井明夫

<自殺9> 著名人とうつ病,自殺

藍野大学医療保健学部 岩波 明ほか

<臨床研修体験レポート> 米国臨床留学レポート

メイヨークリニック精神科 篠崎 元

症例

脱法ドラッグ1,4-butanediol(gamma-hydroxybutyric acidの前駆物質)服用中止後にせん妄を生じた症例

埼玉医科大学総合医療センター神経精神科 松木秀幸ほか

Paroxetineを投与し電気けいれん療法後に再燃がみられない老年期うつ病の症例

聖マリアンナ医科大学神経精神科 貴家康男

気分変調性障害に対する森田療法の適応

浜松医科大学精神神経学 高井義文ほか

認知行動療法の見直しと工夫で症状が著明に改善した難治性強迫性障害の 1 例

新潟大学医歯学総合病院精神科 田村 立ほか

修正型電気けいれん療法がセネストパチーに有効であった症例-口腔内違和感の受容と行動変容の促進を通じてのQOLの改善-

藤田保健衛生大学精神医学 内田志保ほか

研究

うつ病の罹病期間と脳室の大きさ

帝京大学精神科 浜市修嘉ほか