HOME > 精神科(心療内科) > 精神科 第7巻第5号(2005年11月発行)

精神科

第7巻第5号(2005年11月発行)

精神科
第7巻第5号(2005年11月発行)

特集 I.精神科臨床におけるテーラーメイド治療の可能性を探る
特集 II.「香り」の役割を考える

年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  

特集 I.精神科臨床におけるテーラーメイド治療の可能性を探る

テーラーメイド治療の将来

東京大学分子薬物動態学 尾瀬 淳ほか

序論:精神科治療のテーラーメイド化を進めるうえでの基本コンセプト

琉球大学精神病態医学 近藤 毅

テーラーメイド治療への薬理遺伝学研究の現状の到達度

新潟大学精神医学 澤村一司ほか

テーラーメイド治療に向けての脳機能画像と遺伝多型での評価

放射線医学総合研究所脳機能イメージング研究開発推進室 荒川亮介ほか

テーラーメイド治療への薬理遺伝学研究の今後の方向性

清心会藤沢病院 古野 拓ほか

テーラーメイド治療へのバイオメディカルインフォマティクスの試み

石川県立看護大学健康科学 大木秀一ほか

テーラーメイド治療へのゲノム薬理学試験の活用

大阪大学知的財産本部 藤澤幸夫ほか

特集 II.「香り」の役割を考える

香りの不眠治療における実用性

山梨県立大学人間福祉学部 坂本玲子

フェロモンと中枢機能

東京大学動物行動学 森 裕司

連載

<Brain Science34> 電気痙攣療法の最近の知見

獨協医科大学精神神経医学 秋山一文ほか

<リエゾンと緩和19> コンサルテーション・リエゾン精神医療における抗うつ薬の役割-とくにSSRIとSNRIについて-

東京医科歯科大学精神行動医科学 竹内 崇ほか

<レジデンシー・イン・アメリカ> 第 8 回 相互評価システム

エール大学精神科 久賀谷 亮

総説

ハミルトンうつ病評価尺度(HAM-D)の現状と今後の展開

山梨大学精神神経医学 塩江邦彦ほか

症例

90歳代に発症したうつ病の 2 症例

広島大学精神神経医科学 小早川英夫

自生思考に対して特異な対処行動を示した統合失調症の 1 例

秋田病院 亀岡尚美ほか

研究

うつ病者の復職に対する産業精神医学的支援のあり方について

帝京大学精神神経科学 内海 健ほか