HOME > 精神科(心療内科) > 精神科 第11巻第2号(2007年8月発行)

精神科

第11巻第2号(2007年8月発行)

精神科
第11巻第2号(2007年8月発行)

特集 I.非定型精神病
特集 II.揺れ動く強迫障害のゆくえ

年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  

特集 I.非定型精神病

非定型精神病の概念

京都大学精神医学教室 林 拓二

非定型精神病と操作的診断基準

清和会鹿沼病院 岩脇 淳

器質・力動論と非定型精神病

京都大学国際交流センター 大東祥孝

非定型精神病の遺伝子

大阪医科大学神経精神医学 堤 淳ほか

非定型精神病の薬物療法

北海道大学精神医学 田中輝明ほか

「非定型精神病」 の論点

理化学研究所 加藤忠史

特集 II.揺れ動く強迫障害のゆくえ

強迫性障害(obsessive compulsive disorder)の診断基準-DSM-IVからVに向けて-

大阪市立大学神経精神医学 松永寿人ほか

強迫性障害-精神病理学の立場から-

東京慈恵会医科大学森田療法センター 中村 敬ほか

強迫性障害の行動療法

九州大学精神病態医学 中尾智博

強迫性障害の生物学・薬物治療学

さいたま市立病院総合心療科 仙波純一

連載

<Brain Science53> オリゴデンドロサイト前駆細胞

生理学研究所 田中謙二

症例

臨床的な特徴と構造化面接を手がかりにした双極 II 型障害の診断

石川県立高松病院 武島 稔ほか

頭部外傷後に生じた気分障害が脳波の正常化とともに改善した 1 例

福井大学精神医学 徳市清文ほか

Aripiprazoleの付加投与により陽性症状が改善した 1 症例-改善効果に関する薬理学的検討-

佐賀大学医学部精神医学 山田茂人

研究

電気けいれん療法を施行した大うつ病性障害患者の特徴

昭和大学医学部精神医学 尾鷲登志美ほか