HOME > 精神科(心療内科) > 精神科 第33巻第1号(2018年7月発行)

精神科

第33巻第1号(2018年7月発行)

精神科
第33巻第1号(2018年7月発行)

特集 I.エビデンスに基づく実践の光と影-ガイドラインを診療実践にどう役立てるか
特集 II.ガイドラインの作成・普及に向けての取り組み
[冊子版ISSN:1347-4790 電子版ISSN:2188-9481]

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  



<電子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)

特集 I.エビデンスに基づく実践の光と影-ガイドラインを診療実践にどう役立てるか

治療ガイドラインはどのように作られているか

東京大学健康教育学 佐々木 司…1

ガイドラインに沿った治療は現場でどの程度効果が上がるか:うつ病等を例に-精神科ガイドライン使用ガイドライン-

悠仁会稲田クリニック 稲田泰之…9

その無作為化比較試験(RCT)の結果はあなたの患者に適用可能か-外的妥当性を検討する

滋賀医科大学精神医学 稲垣貴彦ほか…14

RCTにおけるcomorbidityの扱い-不安症を例に

和楽会なごやメンタルクリニック 岸本智数ほか…19

メーカー主導でない薬剤RCTは可能か

東京女子医科大学東医療センター内科(心療内科) 山中 学ほか…25

医学以外の分野でのエビデンスに基づく実践の広がりと限界-教育を例に

東京大学健康教育学 山口智史ほか…29

現在のガイドラインは実臨床でどう活用すべきか

杏林大学精神神経科学 坪井貴嗣…34

エビデンスに基づいた診療ガイドライン使用のための診療報酬化案とビッグデータ化

千葉大学病院認知行動療法センター 清水栄司ほか…39

特集 II.ガイドラインの作成・普及に向けての取り組み

本邦での統合失調症ガイドライン

大阪大学子どものこころの分子統御機構研究センター 橋本亮太…45

本邦でのうつ病治療ガイドライン-ガイドライン普及と今後の課題-

杏林大学精神神経科学 高江洲義和ほか…52

不眠治療の出口戦略を考える-睡眠薬の適正な使用と休薬のための診療ガイドラインから-

国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所睡眠-覚醒障害研究部 三島和夫…57

不安障害ガイドライン作成過程

九州大学精神病態医学 中尾智博…64

本邦でのADHD診断・治療ガイドライン

奈良県立医科大学精神医学 太田豊作ほか…71

原著

アルツハイマー型認知症患者における内側側頭部の萎縮と記憶機能低下の関連

帝京大学精神神経科学 押久保 岳…77

てんかん性不機嫌での暴行を認めた1例

国立精神・神経医療研究センター病院精神科 竹田康二ほか…84