HOME > 精神科(心療内科) > 精神科 第34巻第6号(2019年6月発行)

精神科

第34巻第6号(2019年6月発行)

精神科
第34巻第6号(2019年6月発行)

特集 I.ニューロモデュレーション治療の可能性
特集 II.異なる疾患間での症状の重なり-鑑別可能か?
[冊子版ISSN:1347-4790 電子版ISSN:2188-9481]

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  



<電子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)

特集 I.ニューロモデュレーション治療の可能性

精神疾患に対するニューロモデュレーション

慶應義塾大学精神・神経科学 高宮彰紘ほか…551

ECTの現在地

国立精神・神経医療研究センター病院精神科 野田隆政…557

経頭蓋直流刺激(tDCS)が脳を活性化する仕組み

お茶の水女子大学生物学科 毛内 拡…562

うつ病に対するtDCSの臨床上の有用性 in 2019

関西医科大学精神神経科学 西田圭一郎…567

統合失調症に対するtDCSの有用性

ジョンズ・ホプキンス公衆衛生大学院 成田 瑞ほか…573

認知症に対するtDCSの有用性

国立精神・神経医療研究センター病院精神科 稲川拓磨ほか…578

反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)の作用機序

昭和大学発達障害医療研究所 中村元昭…586

うつ病に対するrTMS治療の有用性

和歌山県立医科大学神経精神医学 鵜飼 聡…595

強迫症(強迫性障害)に対するrTMSの有用性

京都府立医科大学精神機能病態学 松本佳大ほか…600

認知機能障害に対するrTMSの有用性

慶應義塾大学精神・神経科学 野田賀大…605

精神神経疾患へのrTMS療法と展望

東京慈恵会医科大学精神医学 鬼頭伸輔…612

特集 II.異なる疾患間での症状の重なり-鑑別可能か?

統合失調症と双極性障害の疾患特異性と連続性:生物学的指標との関連

国立精神・神経医療研究センター病院第二精神診療部 山田悠至ほか…618

統合失調症と自閉症スペクトラムの鑑別

昭和大学発達障害医療研究所 太田晴久…625

強迫性障害とためこみ症

相模原市精神保健福祉センター 宍倉久里江…630

双極性障害と注意欠如・多動症

近畿大学精神神経科学 辻井農亜…634

原著

自閉症スペクトラム障害(ASD)における人物動画に対する視線計測

昭和大学精神医学 太田真里絵ほか…640

自殺企図後にレビー小体型認知症と診断されドネペジルで自殺リスクが減少した1例

島根大学精神医学 松田泰行ほか…645