HOME > 消化器・肝臓内科 > 消化器内科 第55巻第2号(2012年8月発行)

消化器内科

第55巻第2号(2012年8月発行)

消化器内科
第55巻第2号(2012年8月発行)

特集 I.大腸鋸歯状病変の内視鏡診断と治療
特集 II.C 型肝炎個別化医療のための宿主因子, ウイルス因子

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  

特集 I.大腸鋸歯状病変の内視鏡診断と治療

病理からみた鋸歯状病変診断の問題点

獨協医科大学・病理学 藤盛孝博,ほか…149

SSA/Pの内視鏡診断-拡大内視鏡所見を中心に-

松山赤十字病院・胃腸センター 川崎啓祐,ほか…156

10mm以上の大腸Large hyperplastic polypに対する臨床病理学的検討

佐野病院・消化器センター 岩館峰雄,ほか…161

大腸鋸歯状病変の内視鏡診断と治療適応

広島市立安佐市民病院・消化器内科 鴫田賢次郎,ほか…167

Sessile Serrated Adenoma/Polypの内視鏡診断

久留米大学・消化器内科 長田修一郎,ほか…175

大腸鋸歯状病変における担癌例の検討

がん研有明病院・消化器内科 千野晶子,ほか…185

大腸鋸歯状病変群における表面微細構造別病理組織および遺伝子学的特徴

秋田赤十字病院・消化器病センター 木村友昭,ほか…194

大腸鋸歯状病変に関する臨床的課題

近畿大学・消化器内科 樫田博史…201

特集 II.C 型肝炎個別化医療のための宿主因子, ウイルス因子

HCV全長解析によるIL28B SNPと独立して治療効果を規定するウイルス因子

山梨大学・第一内科 前川伸哉…207

C 型慢性肝炎治療に及ぼすIL28BおよびITPAの遺伝子多型とHCVウイルスゲノム変異の影響

広島大学・消化器・代謝内科 越智秀典,ほか…215

C 型慢性肝炎に対するPEG-IFN/RBV48週および72週投与の治療効果に関連するIL28BおよびITPA遺伝子多型の解析

愛知医科大学・感染・免疫学 伊藤清顕,ほか…222

血小板低値の C 型慢性肝疾患症例におけるインターフェロン治療

兵庫医科大学・肝・胆・膵科 榎本平之,ほか…228

データマイニング解析に基づく C 型肝炎の個別化治療

武蔵野赤十字病院・消化器科 黒崎雅之,ほか…233

C 型肝炎の治療抵抗性と肝発癌に影響するウイルス・宿主要因

虎の門病院・肝臓センター 芥田憲夫…240

肝炎コホートにおけるHCV自然治癒および肝発癌関連因子からみた C 型慢性肝炎に対する個別化医療の可能性

山形大学・消化器内科 渡辺久剛,ほか…248

C 型慢性肝炎に対するIFN治療反応性と肝組織ISGs発現の関連性

金沢大学・先端医療技術学 本多政夫,ほか…253

インターフェロン関連遺伝子発現プロファイルは慢性 C 型肝炎治療効果予測に有用なマーカーである

大阪市立大学・肝胆膵病態内科 村上善基,ほか…256

IL-28B遺伝子周囲に存在するSNPsの機能解析

国立国際医療研究センター・肝炎・免疫研究センター肝疾患研究部 杉山真也,ほか…263

ヒト肝細胞における強力なIFN-λ誘導による抗ウイルス効果

東京都医学総合研究所・感染制御プロジェクト 平田雄一,ほか…271

原著

潰瘍性大腸炎の寛解導入におけるアサコール(R)錠の有用性の検討

東北大学・消化器内科 志賀永嗣,ほか…278