HOME > 消化器・肝臓内科 > 消化器内科 第58巻第5号(2014年5月発行)

消化器内科

第58巻第5号(2014年5月発行)

消化器内科
第58巻第5号(2014年5月発行)

特集 I.生活習慣と消化管・膵疾患
特集 II.生活習慣と肝・胆疾患

ダウンロード
年間購読
<冊子版>
定価 ¥3,240
(本体 ¥3,000+税)(B5判)

※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

冊  

特集 I.生活習慣と消化管・膵疾患

Helicobacter pylori(HP)感染慢性胃炎・胃癌発生に対する喫煙の影響

和歌山県立医科大学・第二内科 井上 泉,ほか…577

生活習慣を中心とした頭頸部・食道・胃癌患者背景

鳥取大学・機能病態内科 林 暁洋,ほか…581

逆流性食道炎と生活習慣

東海大学・消化器内科 藤澤美亜,ほか…588

日常的運動による大腸癌予防:新規マイオカインSPARCの発見とその意義

京都府立医科大学・消化器内科 内藤裕二,ほか…594

大腸腺腫切除後再発における生活習慣病因子の関連

茅ヶ崎市立病院・消化器内科 谷口礼央,ほか…599

大腸腺腫と大腸鋸歯状病変における遺伝子異常と生活習慣の関連

札幌医科大学・消化器・免疫・リウマチ内科 五十嵐央祥,ほか…605

肥満関連疾患をターゲットとしたメトホルミンによる大腸腫瘍の化学予防の可能性

横浜市立大学・肝胆膵消化器病学 日暮琢磨,ほか…612

喫煙は慢性膵炎発症および増悪の因子である

東北大学・消化器病態学 廣田衛久,ほか…617

生活習慣病に着目した膵癌ハイリスク群の囲い込み

山梨大学・第一内科 深澤光晴,ほか…622

血清膵型アミラーゼとALDH2遺伝子一塩基多型および飲酒習慣の解析

山形大学・光学医療診療部 牧野直彦,ほか…626

特集 II.生活習慣と肝・胆疾患

非アルコール性脂肪性肝疾患発症においてBMIは有用な予測因子である

愛媛大学・消化器・内分泌・代謝内科 三宅映己,ほか…630

非アルコール性脂肪性肝疾患からの糖尿病発症におけるインスリン動態の関与

虎の門病院・健康管理センター・画像診断センター 荒瀬康司…634

脂肪肝と糖尿病

鹿児島厚生連病院・内科 今村也寸志,ほか…641

生活習慣病がNAFLD/NASHの発症・進展に与える影響

大阪府済生会吹田病院・消化器内科 島 俊英,ほか…646

喫煙による肝細胞オートファジー抑制と細胞障害

順天堂大学・消化器内科 山科俊平…653

脂肪性肝障害における喫煙の影響

東京女子医科大学・消化器内科 児玉和久,ほか…659

肥満患者における発癌

大分大学・消化器内科 遠藤美月,ほか…663

アルコールが肝発癌に与える影響-日本人での解析結果をまとめて-

兵庫医科大学・肝胆膵内科 青木智子,ほか…670

生活習慣からみた胆管癌の危険因子

横浜市立大学・内視鏡センター 細野邦広,ほか…677

クエン酸モサプリド服用は食後血漿GLP-1・血清インスリン濃度を上昇させ消化管甘味受容体発現を増加させる

千葉大学・消化器・腎臓内科 丸岡大介,ほか…682

抗糖尿病薬メトホルミンの肝癌細胞抑制メカニズム

香川大学・消化器・神経内科 三好久昭,ほか…688

腹腔鏡下胃袖状切除術のメタボリックサージェリーとしての可能性

滋賀医科大学・外科 山本 寛…697