HOME > 雑誌

お知らせ

2016.12.22 −年末年始休業日のお知らせ−
平素より格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。
弊社の年末年始休業日を下記の通りお知らせ致します。
【2016年12月28(水)〜2017年1月4日(水)】
12月27日(木)12:00以降にご注文いただきました商品は、1月5日(木)より順次発送致します。
ご利用の皆様にはご不便をおかけ致しますが、何卒宜しくお願い申し上げます。
2015.12.24 −年末年始休業日のお知らせ−
平素より格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。
弊社の年末年始休業日を下記の通りお知らせ致します。
【2015年12月26日(土)〜2016年1月3日(日)】
12月25日(金)12:00以降にご注文いただきました商品は、1月4日(月)より順次発送致します。
ご利用の皆様にはご不便をおかけ致しますが、何卒宜しくお願い申し上げます。
2015.1.28 電子版の販売をはじめました!
詳しくはこちら>>
2015.1.28 月刊「腎臓内科・泌尿器科」を創刊しました!
2014.12.16 −年末年始休業日のお知らせ−
平素より格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。
弊社の年末年始休業日を下記の通りお知らせ致します。
【2014年12月27日(土)〜2015年1月4日(日)】
12月26日(金)正午以降にご注文いただきました商品は、1月5日(月)より順次発送致します。
ご利用の皆様にはご不便をおかけ致しますが、何卒宜しくお願い申し上げます。
2014.3.12 システムメンテナンスのお知らせ
—消費税率、誌代変更によるシステムメンテナンスのお知らせ—
【実施日】
  (1)2014年4月1日(火)AM0:00 ~ PM12:00
通信機器メンテナンスに伴い、上記時間帯にクレジット決済機能が一時的に停止いたします。
ご利用の皆様にはご不便をおかけ致しますが、何卒宜しくお願い致します。
2014.2.17 システムメンテナンスのお知らせ
【実施日】
  (1)2014年3月3日(月)AM2:30 ~ AM6:00
通信機器メンテナンスに伴い、上記時間帯にクレジット決済機能が一時的に停止いたします。
ご利用の皆様にはご不便をおかけ致しますが、何卒宜しくお願い致します。
2014.1.13 システムメンテナンスのお知らせ
【実施日】
  (1)2014年1月20日(月)AM2:00 ~ AM6:00
  (2)2014年1月28日(火)AM0:00 ~ AM7:00
  (3)2014年2月 3日(月)AM2:00 ~ AM6:00
  (4)2014年2月 7日(金)AM2:00 ~ AM6:00
通信機器メンテナンスに伴い、上記時間帯にクレジット決済機能が一時的に停止いたします。
ご利用の皆様にはご不便をおかけ致しますが、何卒宜しくお願い致します。
2013.12.20 −年末年始休業日のお知らせ−
平素より格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。
弊社の年末年始休業日を下記の通りお知らせ致します。
【2013年12月28日(土)〜2014年1月5日(日)】
12月27日(金)正午以降にご注文いただきました商品は、1月6日(月)より順次発送致します。
ご利用の皆様にはご不便をおかけ致しますが、何卒宜しくお願い申し上げます。
2013.12.11 システムメンテナンスのお知らせ
【実施日:2013年12月17日(火)AM 4:00 〜 AM 5:00】
通信機器メンテナンスに伴い、上記時間帯にクレジット決済機能が一時的に停止いたします。
ご利用の皆様にはご不便をおかけ致しますが、何卒宜しくお願い致します。
2013.8.28 システムメンテナンスのお知らせ
【実施日:2013年09月09日(月)AM 2:30 〜 AM 6:00】
定期メンテナンスに伴い、上記時間帯にクレジット決済機能が一時的に停止いたします。
ご利用の皆様にはご不便をおかけ致しますが、何卒宜しくお願い致します。
2013.2.21 システムメンテナンスのお知らせ
【実施日:2013年03月04日(月) AM 2:30~AM 6:00】
定期メンテナンスに伴い、上記時間帯にクレジット決済機能が一時的に停止いたします。
ご利用の皆様にはご不便をおかけ致しますが、何卒宜しくお願い致します。
2012.12.21 ―年末年始休業日のお知らせ―
平素より格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。
弊社の年末年始休業日を、下記の通りお知らせ致します。
【2012年12月29日(土)〜2013年1月6日(日)】
12月28日(金)正午以降にご注文いただきました商品は、1月7日(月)より順次発送致します。
ご利用の皆様にはご不便をおかけ致しますが、何卒宜しくお願い申し上げます。
2012.8.3 システムメンテナンスのお知らせ
【実施日:2012年9月3日(月) AM 1:30~AM 6:00】
決済サービスの保守点検に伴い、上記時間帯にクレジット決済機能が一時的に停止いたします。
ご利用の皆様にはご不便をおかけ致しますが、何卒宜しくお願い致します。
2012.7.13 システムメンテナンスのお知らせ
【実施日:2012年7月31日(火) AM 2:00~AM 2:10】
定期メンテナンスに伴い、上記時間帯にクレジット決済機能が一時的に停止いたします。
ご利用の皆様にはご不便をおかけ致しますが、何卒宜しくお願い致します。
2012.2.6 システムメンテナンスのお知らせ
【実施日:2012年3月5日(月) AM 1:30~AM 6:00】
定期メンテナンスに伴い、上記時間帯にクレジット決済機能が一時的に停止いたします。
ご利用の皆様にはご不便をおかけ致しますが、何卒宜しくお願い致します。
2012.1.18 システムメンテナンスのお知らせ
【実施日:2012年1月31日(火) AM 4:00~AM 5:00】
定期メンテナンスに伴い、上記時間帯にクレジット決済機能が一時的に停止いたします。
ご利用の皆様にはご不便をおかけ致しますが、何卒宜しくお願い致します。
2011.12.28 年末年始休業のお知らせ
科学評論社のWebサイトをご利用いただき、誠にありがとうございます。
弊社は、2011年12月28日(水)午後から2012年1月3日(火)まで休業させていただきます。
上記期間にWebでご注文いただきました商品は、1月4日(水)より順次発送させていただきます。
ご利用の皆様にはご不便をおかけ致しますが、何卒宜しくお願い致します。
2011.10.24 システムメンテナンスのお知らせ
【実施日:2011年10月25日(火) AM 2:00~AM5:00】
定期メンテナンスに伴い、上記時間帯にクレジット決済機能が一時的に停止いたします。
ご利用の皆様にはご不便をおかけ致しますが、何卒宜しくお願い致します。
2011.8.30 科学評論社のホームページをリニューアル公開いたしました!

新刊

神経内科叢書


ヤヌスの顔 第7集-学際的神経内科学

著:古川哲雄


消化器・肝臓内科

第1巻第1号(2017年1月発行)

特集 I.小腸出血―診断・治療の最前線―
特集 II.C型肝炎治療の新時代

最新号

神経内科

第86巻第6号(2017年6月発行)

特集 I.神経疾患のゲノム医療
特集 II.頭痛研究における最近の潮流
[冊子版ISSN:0386-9709 電子版ISSN:2188-9422]

循環器内科

第81巻第6号(2017年6月発行)

特集 虚血性心疾患:画像診断の現状と展開
[冊子版ISSN:1884-2909 電子版ISSN:2188-9449]

血液内科

第74巻第6号(2017年6月発行)

特集 免疫表現型に基づいたリンパ系腫瘍の理解
[冊子版ISSN:2185-582X 電子版ISSN:2188-9465]

臨床免疫・アレルギー科

第67巻第6号(2017年6月発行)

特集 I.樹状細胞
特集 II.アトピー性皮膚炎の病態研究

リウマチ科

第57巻第6号(2017年6月発行)

特集 リウマチ性多発筋痛症
[冊子版ISSN:0915-227X 電子版ISSN:2188-9457]

内分泌・糖尿病・代謝内科

第44巻第6号(2017年6月発行)

特集 エネルギー代謝調節研究の新展開
[冊子版ISSN:1884-2917 電子版ISSN:2188-9473]

呼吸器内科

第31巻第6号(2017年6月発行)

特集 COPDの増悪を考える
[冊子版ISSN:1884-2887 電子版ISSN:2188-949X]

精神科

第30巻第6号(2017年6月発行)

特集 I.うつが治らないときに何を考え,どのように対処すべきか
特集 II.医療従事者・支援者のストレスケア
[冊子版ISSN:1347-4790 電子版ISSN:2188-9481]

腫瘍内科

第19巻第6号(2017年6月発行)

特集 新規薬剤
[冊子版ISSN:1881-6568 電子版ISSN:2188-9503]

腎臓内科・泌尿器科

第5巻第6号(2017年6月発行)

特集 腎再生医療
[冊子版ISSN:2188-9147 電子版ISSN:2188-9155]

消化器・肝臓内科

第1巻第6号(2017年6月発行)

特集 I.膵癌術前診断・治療の新展開
特集 II.原発性胆汁性胆管炎:病名変更後の動向
[冊子版ISSN:2432-3446 電子版ISSN:2432-3454]

感染症内科

第2巻第6号(2014年6月発行)

特集 真菌症-よく目にする真菌症から今後注意すべき真菌症まで-