皮膚科

第2巻第1号(2022年7月発行)

皮膚科

第2巻第1号(2022年7月発行)

特集 悪性黒色腫の最前線
[冊子版ISSN:2436-5718 電子版ISSN:2436-570X]

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • 電子版

    ・こちらの商品は専用の電子書籍リーダーでご覧頂けます。
    ・ダウンロードをご希望の場合には、PDF版をご利用下さい。
    ・電子版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)

    電子版の詳しい説明 »

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 悪性黒色腫の最前線

  • 基礎 1)遺伝子変異からみた発症メカニズム

    熊本大学・皮膚病態治療再建学 福島 聡…1
  • 基礎 2)悪性黒色腫に対する生体の免疫反応

    京都大学・免疫ゲノム医学 今川遼太郎,ほか…9
  • 基礎 3)免疫チェックポイント阻害薬への耐性機構

    千葉県がんセンター研究所 川島秀介,ほか…18
  • 臨床 1)手術療法の実際と意義

    国立病院機構鹿児島医療センター・皮膚腫瘍科・皮膚科 松下茂人…26
  • 臨床 2)術後補助療法の実際と今後の展開

    大阪国際がんセンター・腫瘍皮膚科 爲政大幾…35
  • 臨床 3)免疫チェックポイント阻害薬の実際と今後の展開

    千葉大学・皮膚科学 猪爪隆史…41
  • 臨床 4)進行期BRAF変異悪性黒色腫に対する分子標的治療

    信州大学・皮膚科 木庭幸子…48
  • 臨床 5)脳転移の治療の実際と今後の展開

    国立病院機構九州がんセンター・皮膚腫瘍科 内 博史…54
  • 臨床 6)放射線治療の実際と意義

    京都府立医科大学・皮膚科学 小森敏史,ほか…62
  • 臨床 7)がんクリニカルシークエンスの実際と今後の展開

    東京大学・皮膚科 淡路健太郎,ほか…71
  • 臨床 8)注目される臨床試験

    慶應義塾大学・皮膚科 舩越 建…79
  • 臨床 9)免疫チェックポイント阻害薬によるirAEの診断と治療

    国立がん研究センター中央病院・皮膚腫瘍科 並川健二郎…84

話題

  • がん治療用ウイルス(腫瘍溶解ウイルス)

    信州大学・臨床研究支援センター 松本和彦…89
  • 悪性黒色腫におけるリキッドバイオプシーの現状

    慶應義塾大学・薬学部薬物治療学 吉田万優,ほか…94
  • 足底のメラノーマの発症メカニズム

    東京医科歯科大学・皮膚科 並木 剛,ほか…99
  • 悪性黒色腫の不均一性

    信州大学・皮膚科 中村謙太,ほか…108

解説

  • 悪性黒色腫の病理組織診断

    東京都立広尾病院・皮膚科 武藤律子,ほか…116
  • 悪性黒色腫の病期分類

    兵庫県立がんセンター・皮膚科 高井利浩…127
  • 悪性黒色腫の診療ガイドライン

    埼玉医科大学国際医療センター・皮膚腫瘍科・皮膚科 中村泰大,ほか…134
  • 本邦における悪性黒色腫の疫学

    愛媛大学・皮膚科 藤澤康弘…143

連載

  • 皮膚科専門医のための模擬テスト6-解答と解説-

    磐田市立総合病院・皮膚科 橋爪秀夫…152
  • 皮膚科専門医のための模擬テスト7

    滋賀医科大学・皮膚科学 藤本徳毅…158