消化器・肝臓内科

第4巻第1号(2018年7月発行)

消化器・肝臓内科

第4巻第1号(2018年7月発行)

特集 I.消化管上皮性腫瘍に対する内視鏡画像強調観察−存在診断から質的診断まで−
特集 II.肝癌分子標的治療と今後の展望
[冊子版ISSN:2432-3446 電子版ISSN:2432-3454]

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • 電子版

    ・こちらの商品は専用の電子書籍リーダーでご覧頂けます。
    ・ダウンロードをご希望の場合には、PDF版をご利用下さい。
    ・電子版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)

    電子版の詳しい説明 »

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 I.消化管上皮性腫瘍に対する内視鏡画像強調観察-存在診断から質的診断まで-

  • 内視鏡画像強調機能について

    帝京大学・内科 小田島慎也…1
  • 胃(存在診断)-内視鏡画像強調観察による胃上皮性腫瘍の拾い上げと診断

    がん研有明病院・消化器内科 吉水祥一,ほか…9
  • 胃腫瘍に対するNBI併用拡大内視鏡観察

    埼玉医科大学国際医療センター・消化器内視鏡科 菓 裕貴,ほか…16
  • 大腸病変の存在診断における画像強調観察の役割

    国立がん研究センター中央病院・内視鏡科 張 萌琳,ほか…22
  • 大腸(質的診断)-NBI拡大を用いた大腸上皮性腫瘍の質的診断

    広島大学・内視鏡診療科 田中秀典,ほか…31

特集 II.肝癌分子標的治療と今後の展望

  • 進行肝細胞癌に対する分子標的治療のオーバービュー

    杏林大学・腫瘍内科 古瀬純司…37
  • ソラフェニブ-これまでの成績と今後の展望-

    秦野赤十字病院 田中克明…44
  • レゴラフェニブ-進行肝細胞癌における2nd lineとしての治療薬-

    岡山市立市民病院・消化器内科 湧田暁子,ほか…52
  • レンバチニブ-既存薬との使い分けはどうなるか-

    国立がん研究センター東病院・肝胆膵内科 池田公史,ほか…57
  • 肝癌に対する癌抗体医薬の新展開-免疫チェックポイント阻害薬と抗VEGF抗体-

    武蔵野赤十字病院・消化器科 土谷 薫,ほか…65
  • 遺伝子改変T細胞を用いた肝細胞癌に対する免疫療法

    金沢大学・先進予防医学研究科 水腰英四郎,ほか…72
  • バイオマーカーの探索

    近畿大学・ゲノム生物学 西尾和人…80
  • TACEなど既存治療のポジショニング-新薬の登場でいかに変わるか-

    名古屋大学・消化器内科 伊藤隆徳,ほか…86