血液内科

血液・腫瘍科 第42巻第2号(2001年2月発行)

血液内科

血液・腫瘍科 第42巻第2号(2001年2月発行)

特集 造血幹細胞移植における問題点

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 造血幹細胞移植における問題点

  • 臍帯血移植の現状と今後の方向

    兵庫医科大学・輸血部 甲斐俊朗,ほか
  • ミニトランスプラント(骨髄非破壊的移植)の現状と将来

    国立がんセンター中央病院・特殊病棟 峯石 真,ほか
  • allo-BMTかallo-PBSCTか

    都立駒込病院・血液内科 大橋一輝,ほか
  • 非血縁者からの骨髄移植か臍帯血移植か

    東海大学・小児科 加藤俊一
  • Tandem PBSCTの有効性と問題点

    京都府立医科大学・第二内科 島崎千尋
  • DLIの適応と方法

    金沢大学・輸血部 塩原信太郎
  • 骨髄バンクの現状と将来

    名古屋第一赤十字病院・骨髄移植センター 小寺良尚

話題

  • ヒト型化抗IL-6レセプター抗体によるCastleman病治療

    大阪大学・健康体育部 菅又泰博,ほか
  • Pharmacogenetics

    北海道大学・薬学部 有吉範高,ほか
  • マイクロサテライト不安定性とリンパ性白血病

    高知医科大学・第三内科 小松直樹,ほか

解説

  • EBMに基づく多発性骨髄腫治療

    新潟県立がんセンター・新潟病院 張 高明
  • マントル細胞リンパ腫の診断におけるサイクリンD1過剰発現の意義

    愛知県がんセンター・遺伝子医療研究部 鈴木律朗
  • Ribozymeを用いた遺伝子治療

    国立がんセンター中央病院・臨床検査部 渡辺 隆

原著

  • CML急性転化 4 症例の臨床像について-IFN療法の急性転化像に及ぼす影響に関する考察も混じえて-

    日本赤十字秋田短期大学 高橋 薫,ほか