血液内科

血液・腫瘍科 第43巻第3号(2001年9月発行)

血液内科

血液・腫瘍科 第43巻第3号(2001年9月発行)

特集 ポストゲノムがん診療の現状と将来

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 ポストゲノムがん診療の現状と将来

  • ポストゲノムがん診療-総論

    癌研究会・癌研究所 矢野憲一,ほか
  • ポストゲノムがん診療-分子病理診断への応用-

    広島大学・第一病理 横崎 宏
  • ポストゲノムがん診療-悪性度診断への応用-

    九州大学・生体防御医学研究所 三森功士,ほか
  • ポストゲノムがん診療-がん化学療法への応用-

    国立がんセンター中央病院・内科 藤阪保仁,ほか
  • ポストゲノムがん診療-オーダーメイド治療の現況-

    広島大学・原爆放射能医学研究所 西山正彦,ほか

話題

  • 臍帯血幹細胞の増幅と遺伝子導入

    東海大学・血液リウマチ内科 安藤 潔
  • HTLV-I感染とmonocyte chemoattractant protein-1

    長崎大学・熱帯医学研究所 森 直樹

解説

  • 帯状疱疹後神経痛の最新の治療-くも膜下腔酢酸メチルプレドニゾロン投与を中心として-

    弘前大学・麻酔科 小谷直樹,ほか
  • 同種造血幹細胞移植後のcytomegalovirus(CMV)抗原血症を指標としたganciclovirによるCMV感染対策の問題点

    国立がんセンター中央病院・幹細胞移植療法 神田善伸
  • ポストゲノムがん診療の医療経済

    徳島大学・衛生学 久繁哲徳

総説

  • 葉酸型チミジル酸合成酵素阻害剤:細胞薬理学的特性と造血器腫瘍への応用の可能性

    防衛医科大学・検査部 竹村 譲