血液内科

血液・腫瘍科 第45巻第1号(2002年7月発行)

血液内科

血液・腫瘍科 第45巻第1号(2002年7月発行)

特集 腫瘍免疫の新しい展開

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 腫瘍免疫の新しい展開

  • SEREX法による癌抗原の同定

    慶應義塾大学先端医科学研究所 岡田恭穂,ほか
  • NKT細胞による抗腫瘍免疫

    国立がんセンター研究所薬効試験部 五十嵐美徳,ほか
  • α-GalCerによるNK細胞とNKT細胞の活性化

    北海道大学遺伝子病制御研究所 茶本健司,ほか
  • HLAテトラマーによるCTLの評価

    東京大学医科学研究所先端医療研究センター 馬場俊之,ほか
  • MUC1ペプチドを用いたがんワクチン

    東京女子医科大学消化器病センター 有賀 淳,ほか
  • 樹状細胞とがん細胞の融合ワクチン

    東京慈恵会医科大学DNA医学研究所 大野典也
  • 樹状細胞の腫瘍内投与

    東北大学歯学部 橋元 亘

話題

  • 癌染色体解析の新展開-新しい FISH技術の開発と応用-

    京都府立医科大学衛生学 嘉数直樹
  • 本邦における分子標的治療薬の臨床試験-固形がん-

    近畿大学腫瘍内科 野上壽二,ほか

解説

  • PNHの遺伝子治療

    大阪大学微生物病研究所 西村純一
  • ATM(Ataxia Telangi-ectasia mutated)と発がん

    St. Jude Children's Research Hospital 高木正稔,ほか
  • STI571市販後のCMLの治療指針

    浜松医科大学第三内科 重野一幸,ほか

原著

  • Busulfan治療後に汎血球減少を呈し一過性のTrisomy 8を認めた真性赤血球増多症

    男鹿みなと市民病院内科 堀内高広,ほか

血液・腫瘍薬理

  • 造血器腫瘍における化学療法誘発悪心・嘔吐に対する塩酸ラモセトロンの臨床的検討

    自治医科大学内科 和泉 透,ほか